投資のヒント

【若い時ほどお金の価値は高い】20代に貯金をお勧め出来ない理由

投資信託、個人投資家、損失

こんにちは、投資が趣味な歯車のuni.です。

みなさんは、貯金をしていますか?

もししているとしたら、貯金をする際のルール等は決めていますでしょうか?

今回は、お金の価値についてのお話しです。

 

20代の1万円は50代の1万円よりずっと価値がある

新入社員が手にする1万円と、50代の課長や部長が持っている1万円の価値が違うことは何となくわかるかと思います。20代は給料が低いので、1万円と手取り総額との比率は、50代のそれよりも高くなります。

さらに、20代は50代と比べ、ずっと長い時間が残されています。そして、体もずっと若々しいです。何が言いたいかというと、20代は、お金を使った際に50代よりも大きな幸せを得ることができるということです。

遊んだり、ご飯を食べた際の幸せ度が高い

友達と遊びに行くにしても、おいしいご飯を食べるにしても、体力も活力もあります。疲れにくければ、それだけ目一杯遊ぶことができますし、疲れても次の日にはたいてい回復しています。また、ご飯も好きなものを好きなだけ食べても体への負担が小さいです。年をとるとだんだん、脂っぽいものなど重たいものを消化する力が落ちますので、食べた際の幸福度も下がります。

お金は使ってこそ価値を発揮しますので、使った際がより幸せになれるタイミングで使っちゃいましょう。そのほうがお得です。

 

資格の勉強をしたり経験を積む際の効率や費用対効果が高い

若い時のほうが記憶力が高いです。資格等の勉強をするなら若い時のほうが短い時間で覚えられます。また、一度取得した資格を活かすことができる期間が長いです。

つまり、短い時間で知識を身に着けられる上、それを役立てられる期間が長いため、同じお金をかけて努力するなら、若いうちにしたほうが効果的ということです。

また、転職をする際は、若いというだけでも有利なのに、資格や専門知識を身に着けていればあなたの価値はさらに高まります。

 

投資をする際も若いうちなら、増える可能性が高いし、
期待できる利益は非常に高い

仮に貯金ではなく、投資にお金を回した場合を考えてみましょう。

すでに以前の記事でも述べていますが、投資は投資期間が長ければ長いほど有利です。経済が成長する力を借りて自分の資産を増やすことができるからです。

30歳のときに100万円をとりあえずテキトーに分散投資をして、放っておいたとすると、

65歳の時点では、平均で300万円程度になっています。

場合によっては、1000万円を超えている可能性も十分にあります。

損をする可能性は10%程度ですし、損をしたとしても10万円程度の確率が高いです。

(初期投資100万円,年率5%,リスク15~20%と仮定しました。これは過去の10年の数値と比べても無理のない設定です)

 

つまり、100万円を貯金のまま置いておくのではなく、テキトーに投資に回しておけば、損をしても10万円程度なのに対し、利益は数百万円を期待できるということです。しかも、損をする可能性よりも利益が出ている可能性のほうが圧倒的に高いです。

 

若いうちなら失敗してもダメージが少ない

仮に何らかの要因によって、投資金が0になってしまったとしましょう。

30歳以降も給料は入り続けますので、そこでゲームオーバーになることはありません。

できれば、失敗した経験を活かしてもう一度投資にチャレンジしてほしいところですが、投資をしなかったとしても、お金を積み上げていく時間は十分に残されています。

 

まとめ

若いうちは、貯金なんてせずにどんどんお金を使ったほうがいいと思います。

お金はとても大切ですが、経験を後から買うことはできません。

なにより、お金を寝かせておいて、あとから使った場合よりも、若いうちに使ってしまった方が金額当たりの幸福度は高いからです。

 

もし将来的な生活の安定を考えて貯蓄をしたいのであれば、その期間お金を休ませておくのではなく、自分と一緒にお金にも働いてもらいましょう。

 

資産運用はできる限り早いうちから始めたほうが有利ですが、

20代から必ず資産運用をしなければいけないというものではありません。

30代になってから始めても十分に間に合います。

 

資産運用をするにせよ、しないにせよ、若いうちは積極的にお金を活用しましょう。

それに、せっかくお金を貯め込んでも、突如死んでしまったらどうしようもありません。

お金は使ってこそはじめて、その真価を発揮します。失敗を恐れず思い切った行動ができるのは若者の特権ですので、無駄に心配を募らせたりしないで、明るくお金を使って、最終的により多くの幸せを手に入れましょう。

 

管理人の雑記 全力投資について

私は金融投資に限らず全力投資スタイルですが、みなさまにお勧めするわけではありません。自分にとって無理だと感じる投資はストレスの元ですので、許容できる範囲内でゆるっとやっていきましょう。

 

私は、今後も資産を全力投資しつつ、資格等もガンガン取っていきたいと思います。また、会社では歯車をやっていますが、もう重要な歯車になれるように頑張ります。

いわゆるアーリーリタイアを目指す方が多い中で、少しだけ異質かもしれませんが、私自身を実験台にして全力投資の影響を確かめてみたいと思います。随時ブログでご報告いたしますのでお楽しみにー

 

ではではー

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。