節約

【節約】エアコンを上手に使って快適に過ごそう!扇風機併用は冷え性の方にもおすすめ!

エアコン。クーラー、電気代、節約

室内にいても熱中症になる危険があります。エアコンの設定温度は何度にしていますか?扇風機だけでしょうか?健康が第一ですが、電気代も気になりますよね?実はエアコンと扇風機は併用した方が電気代が安くなります。

暑い夏を快適に乗り切ろう!

・エアコンと扇風機を併用して更に電気代を抑えよう

使うべき時にはしっかり使うことが大切

・小まめに消すよりつけっ放しにしたほうが電気代が安くなるよ

冷やし過ぎによる体調不良も防げるよ?

こんにちは、最近暑すぎて引きこもり気味のuni.です。

今年の夏は例年に増して暑いですね。屋外はもちろん屋内にいても熱中症の危険はありますので、適切にエアコンを使って健康第一でお過ごしください。

一方で電気代も気になりますよね?体調を崩しては元も子もありませんので、無理な節電はしない方がいいです。

でも、

uni.
uni.
より快適に過ごしつつ節電ができるとしたら、試してみたいですよね?

(人間だけでなくパソコンも暑すぎる夏に悲鳴を上げております。)

 

エアコン(クーラー)の電気代

  1時間あたりの電気代の算出方法・・・

1時間あたりの電気代 = 消費電力(kW)× 電力料金単価(円) ※1  ×1(時間)
※ 1:一般的に電力料金単価は 27円 / kwh( 税込)で算出します。(主要電力会社 10社 平均単価)

 

【 1時間あたり電気代 ( 冷房 ) S25TTRXS-W の場合 】
1. カタログなどで、該当機種の消費電力を調べます。
 
エアコン、クーラー、電気代、節電

2. 計算式にあてはめて1時間の電気代を算出します。
1時間あたりの定格電気代 … 0.5KW × 27円 / KWh × 1時間 = 13.5円
1時間あたりの最小電気代 … 0.105KW × 27円 / KWh × 1時間 = 2.8円
1時間あたりの最大電気代 … 0.92KW × 27円 / KWh × 1時間 = 24.8円

(引用元:DAIKIN Webサイト(2018.07.19時点))

実際に皆さんが使っているエアコンの電気代がどのくらいかは、機種によって変わってきますので、よければ計算しててね。今回は上記の8畳用エアコンを題材にしてお話しします。

 

  1. 定格電気代・・・エアコンを使っているときにかかる電気代の目安

  2. 最小電気代・・・エアコンが一番まったりモードで働いているときの電気代
    室内の温度が安定し、とっても静かに運転しているモード

  3. 最大電気代・・・エアコンが本気を出して一生懸命働いているときの電気代
    スイッチを入れたばかり、使い始め等、頑張ってるモード

 

基本的には、13.5円×稼働時間でOKです。

uni.
uni.
仮に8時間使ったとしたら、13.5円×8時間=105円ですね

1カ月だと、105円×30日=3150円ですね。

 

実際には、使用時間や、使用時の気温。設定温度によって電気代が異なります。

 

エアコン(クーラー)の設定温度を1度上げた場合の節電効果

DAIKINさんのウェブサイトによると、エアコンの設定温度を一度上げると、約10%程度、節電効果が見込めるそうです。

つまり、

設定温度23度から設定温度28度にすると

28度-23度=5度

100%-(100%-10%)^5(度)=40.951%の節電効果

エアコンの設定温度を5度上げると、4割くらい電気代を節約できるできるんですね。

 

エアコン(クーラー)の設定温度、28度ってどうなの?

よく、節電、省エネなどと言われ推奨されている温度は28度です。

役所とかに行くと設定温度28度を守っているところが多いですね。

uni.
uni.
でも、設定温度28度はツラい・・・。

28度設定って結構暑くないですか?

我慢できなくはないですが、

uni.
uni.
あー、快適ー

という温度ではないですよね?

実際に設定温度28度で生活してみると、暑いなーって感じます。

家にこもって本を読んだりする分には問題ありませんが、資格の勉強をしようと思うと明らかに集中力が落ちます。あと、気づかないうちに結構汗もかいているのか、きちんと水分補給をしないと脱水症状が出ます。

※勉強中などにコーヒーをよく飲む方へ

コーヒーは利尿作用がありますので、水分補給には適していません。

また、冷たいものはお腹を冷やしますので、本気で水分補給をしたいなら常温の薄めたスポーツドリンク、または常温の水と塩キャンディーがおすすめです。

とりあえず、無理をしてエアコンを我慢すると、お子さんがいる家庭なら、勉強に悪影響が出ますし、ご自身のいろいろな作業も捗らなくなります。

uni.
uni.
節約したせいで子供の学力が落ちたら困りますよね?

 

エアコン(クーラー)を使うなら自動運転モードを使って節電しよう

もしご家庭のエアコンに自動運転モードがあれば、自動運転モードにしてみてください。

エアコンメーカー各社が作ったプログラムにも基づいて、最も適していると思われる働きをしてくれます。

エアコンって、起動直後、設定温度になるまでめちゃくちゃ電気代がかかるんですよ。

その際に、エアコンの消費電力を決める大きな要素が“です。

空気がうまく循環してくれれば、一気に部屋の温度が設定温度まで下がってエアコンは大人しくなります。

でも、空気がうまく循環しないと、いつまで経っても本気モードで稼働しますのでどんどん電気代がかさんでいきます

自動運転モードなら、最初の冷えるまでの時間、強風になり一気に部屋の温度を冷やそうとしてくれます。

空気を冷やすための電気代と、ただ風を起こすだけの電気代、どちらが余計にかかるかはお分かりですよね?

 

エアコン(クーラー)と扇風機を両方使うと、節電にもなるし快適だよ

是非試していただきたいのが、エアコンと扇風機の併用です。

先ほどもお話ししましたが、エアコンを使う上で、電気代を大きく左右するのは空気がきちんと循環し、エアコンの冷やす力がきちんと発揮されるかどうかです。

扇風機は、風を起こすプロです。

uni.
uni.
ちなみに、扇風機の電気代はエアコンの10分の1以下

エアコン使うなら扇風機自体の電気代は誤差の範囲です。

扇風機を使ってエアコンの設定温度を1~2度上げられるなら十分おつりが来ますね。

 

扇風機を上向きに使って、部屋の空気をきちんと循環させてあげれば、エアコンはより効率的に部屋の空気をまんべんなく冷やすことができます。

基本的に熱い空気は上に行きます。

uni.
uni.
エアコンがあるのって部屋の高いところですよね?

空気がうまく循環していないとエアコンは部屋の温度が高いものだと勘違いして、張り切って働いてしまいます。

扇風機を使って室内の温度のムラをなくしてあげれば、エアコンは消費電力を抑えつつ快適な温度を保ってくれます。

 

冷え性な人にこそ試してほしい、エアコン(クーラー)+扇風機

uni.
uni.
唐突ですが、私は冷え性です。冬は本当に指先が・・・。

夏のエアコンを使っていて、冷えすぎて辛いという経験はありませんか?

でも、設定温度を上げたら、暑くて不快

そんな経験がある方には、是非エアコンと扇風機の併用を試していただきたいです。

 

冷えすぎている原因の多くは、エアコンが部屋が暑いと勘違いして張り切っているからです。

扇風機を使って部屋の空気を循環させてあげれば、エアコンは本当の室内温度を元に仕事ができますので、設定温度による調整がしやすくなります。

また、直接エアコンの風を浴びると疲れますが、扇風機で空気を循環させておけば、エアコンの設定温度を高めにしたり、エアコンの風が当たらないよう設定しても、暑い思いをせずに快適に過ごせます。

夏の冷え性の改善は、健康だけでなく美容にもいいので本当におすすめしたい!

 

エアコン(クーラー)のスイッチはこまめに消さないほうが節電になるよ

エアコンはスイッチを入れたばかりのタイミングが特に電気代がかかります。

逆に、エアコンって設定温度になってから、部屋の温度を一定に保つために働いている間はそれほど電気代がかかりません。

uni.
uni.
一時間くらい、外出する場合は、エアコンを消さずにつけっぱなしにしておいた方が電気代が安く済みますよ。

しかも、帰宅時に部屋が快適な温度のまま!

あと、扇風機の併用により設定温度高めでも快適に過ごせるようになれば、室温と外気温との差を小さくできますので、体への負担も小さくできます。

夏バテも防げるね!

 

就寝時もエアコン(クーラー)を弱めにかけておいた方が疲れが取れるよ

就寝時エアコンはつけていますか?

最初から消していたり、タイマー設定をして消してしまう方が多いのではないでしょうか?

夜中に暑さから寝苦して起きてしまったことや、翌朝ダルいなーと感じたことはありませんか?

 

uni.
uni.
マンションや集合住宅に住んでいる方は特に、就寝中もエアコンをつけっぱなしにしましょう。

 

なぜ寝苦しくなるかというと、部屋の温度を下げても、建物そのものや壁の内部が熱いままだからです。

寝る前に、せっかく気持ちい温度にしておいても、壁の内部が暑いので、就寝後ぐんぐん室温が上がっていきます。

窓を開けたところで、快適な夜は過ごせない地域に住んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

基本的に、睡眠の質を高めるためには体の温度を下げることが重要です。

uni.
uni.
よく、雪山で眠くなる描写ってありますよね?

あれは極端ですが、体内の深い部分の温度(深部体温)を下げることで、脳の温度が下がり、代謝を抑制することで、疲れのとれる質の高い睡眠が手に入ります

つまり、体温を下げられないと睡眠の質が著しく落ちます。

暑い部屋で我慢して寝るのは想像以上に健康に悪いですよー。

是非とも、エアコンの設定を弱くしてかけっぱなしにしてみてください。

エアコンの風が直接当たると、疲れますので風は弱くして扇風機を回しておきましょう。

 

まとめ:エアコンを賢く使って節約しつつ、健康で快適に夏を乗り切ろう!

まだまだ、暑い夏は続きます。というより、これからが本番ですね。

お子さんがいる家庭は夏休みが始まり、自宅の中でエアコンを使う場面も増えるのではないでしょうか?

是非とも、健康には気を付けて暑い夏を楽しく乗り切っていただきたいと思います。

・暑い夏を健康を第一楽しく快適に乗り切ろう!

・エアコンの使い方を工夫すれば無理なく電気代を節約できる

エアコンを使うべきときはしっかり使うことが大切

冬の暖房時もエアコン+扇風機はとっても相性がいいよ

・小まめに消すより、つけっぱなしにしておいた方が電気代が安く済む

節約は無理のない範囲でしましょうね。

uni.
uni.
ストレスを溜めずに、幸せに楽しい毎日を送るために頑張りましょー

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

ではでは、また明日っ!

雑記:好きに記事を書くのって楽しい

なんか、1000字くらいでさくっとした記事を書くつもりが気づいたら4000字超になっていました・・・。

uni.
uni.
普段の投資系の記事より長い

たまには、生活系の記事を書くのもいいですね!

投資系の記事と違って“運用成果”が絡みませんので、リラックスしてノリノリで書いています。

今回はエアコンと節約の記事でしたが、今後もこう言った記事を増やしていこうと思いまーす!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。