資産形成

おすすめの貯金方法や貯金額、いくらから始めてどうやって貯めるの?

車やマイホームが欲しい、老後に安心できるようにお金を貯めたい。けれども、なかなかお金が貯まらない…。

貯金が苦手だと感じている人でも無理をせずに楽しくお金を貯める方法について一緒に考えてみませんか?

お金の使い方を振り返ろう!

お金が貯まる習慣のつくり方とは?

お金が貯まるようになる上手な目標のたて方

①最初の目標は低めに設定する

②最初の目標をクリア出来てもすぐにハードルをあげない

少額でいいので貯金することが当たり前の生活を目指す

毎月お給料日前にピンチになる人には最初にお金を分けておこう
※ピンチな時は分けたお金を使ってもいいので、いったん分けることが重要

一度波に乗ってしまえば自然とどんどんお金が貯まるようになるよ!

こんにちは、無理なく楽しくがモットーのuni.です。

uni.
uni.
あなたは貯金が得意ですか?それとも苦手ですか?

なんとなく貯金をしなくちゃいけない気がするけど、給料日前はいつもピンチ

欲しいものがあるから、貯金し始めようと思うけどどうやったらいいのかわからない

貯金や節約は大変だしつまらない

こんな経験はありませんか?

 

今日は無理なく楽しく、そして目標金額を貯められるような貯金をするための方法を分かりやすくお話しします。

 

貯金ができない理由、お金が貯まらない理由

お金を貯めるためには、

入ってくるお金(収入) > 出ていくお金(支出)

という状態を作る必要があります。

 

使うお金以上にお金を稼ぐことができればいいわけですが、単に収入を増やせばいいというわけではありません。

貯金できない人の最大の問題点は、貯金に回すお金が一切ないということです。

ラッコさん
ラッコさん
何を当たり前のことをいっているの?
uni.
uni.
実は重要なポイントなんですよ?

 

(参考)20代から60代の「貯蓄ゼロ」の実態

実は金融資産を保有していないというのは決して珍しいことではありません

『家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)2018年』では、

20代単身世帯の約半数が金融資産保有を保有しておらず、30代以降でも相当割合が金融資産保有額ゼロという衝撃的な調査結果が話題を集めました。

『家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)2018年』(金融広報中央委員会)に基づく年齢別金融保有額と保有していない世帯の割合

うにの投資生活,分かりやすいお金の貯め方,20代,30代お金がない,簡単,おすすめの資産形成方法,

(引用元:マイナビニュース「20代から60代の「貯蓄ゼロ」の実態」)

※上記の調査では日常生活に使う予定の預貯金等は金融資産には含まれない

 

生活はできるけど貯金ができない原因とは?

将来の備えとしての金融資産を保有していない世帯の割合は決して少なくありません。

一方で金融資産を保有していなくとも、毎月の生活費を賄い日常生活を送っている方もたくさんいます。

パンダさん
パンダさん
給料日前だからお金ないわー

と言っている人もなんだかんだで毎月お給料日まで生活していますよね?

貯蓄はできていないけど、生活はできているというところがポイントなのです。

 

注目してほしいのは、給料日前と給料日後のお金の使い方です。

生活はできるけど、貯金ができない方の特徴としてお金の使い方が給料日前と給料日後で大きく変わるという点があげられます。

uni.
uni.
残金に余裕のあるうちは、ついつい財布のひもが緩んでしまい大胆なお金の使い方をしてししまったという経験はありませんか?

生活はできるけど貯金ができない原因の多くはお金の使い方にあります。

 

例)手取り15万円でお金が貯まらないお金の使い方

①最初の数日は残金15万円で出来るお金の使い方を考える
残金(多い)  出費(多い)

②半月後は5万円程度(1/3くらい)になった残金で出来る金の使い方を考える
…残金(普通)  出費(普通)

③給料日前になると寂しくなった財布の中身で出来るお金の使い方を考える
残金(少ない) 出費(少ない)

使える(と思っている)お金がたくさんある状態では、どうしても財布のひもが緩みがちです。

そんなときには以下のようなお金の使い方をおすすめします。

例)手取り15万円でお金が貯まるお金の使い方

①15万円から家賃や通信費など毎月ほぼ固定の支出に充てる分(1カ月単位で支払うもの)を取り除く

②残金を5分割し、それを1週間(7日間)ごとに使える生活費とする

※残金を「5×7=35日分」に分割⇒1カ月(約30日)より余分に分割している

③約5日分の生活費が残っている状態で給料日を迎える

ポイントは、

・給料日直後と給料日直前の支出の差をなくす

・常に使う予定のない余剰資金(5日分の生活費)がある状態を生み出す

ということです。

 

1カ月を通じて使えるお金の量を一定に保つことで、財布のひもが緩み過ぎることを防ぎ無駄な出費を抑えることができます。

冠婚葬祭などの急な出費がある場合は、残りの5日分を使ってしまってもかまいません。

一番大切なのはお金を計画的に使う習慣をつくるということです。

貯蓄がゼロの月があったとしても、計画的に使う習慣が身につくにつれてお金が自然と貯まるようになりますので、まずは始めてみることをおすすめします。

 

お金が貯まる上手な目標のたて方とは?

次はお金の使い方ではなく、お金の貯め方に注目してポイントを整理していきます。

 

パンダさん
パンダさん
毎月□万円ずつ貯金するぞ~!

なんて気合を入れて目標をたてたものの、途中で嫌になったり挫折した経験はありませんか?

頑張り続けられれば目標を達成できるのでしょうが、頑張っている間は支出を減らしたり、何かと我慢も必要ですし大変ですよね。

「貯金=楽しいもの」ではないと思います。

 

貯金ゼロの方が、目標をたてる時に最も大切なことは高い目標をたてないことです。

挫折する原因の多くが、目標を高くし過ぎることだからです。

達成できない回数が増えるほど、達成するモチベーションが下がっていきます。

ただでさえ楽しくない貯金なのに、目標を達成できなければどんどんやる気がなくなっていきますよね?

 

貯蓄にお金を回せば回すほどお金は貯まるりますが、その分だけ生活費にまわすお金は減っていきます。

趣味や交際費にまわせるお金も減ってしまいますよね?

uni.
uni.
貯蓄したうえで、今の生活も楽しめますか?

是非とも、余裕をもって達成できる金額をもとに目標をたてることをおすすめします。

将来も大事ですが、今も大事ですよね?

 

貯金すること目標を達成することが当たり前の状況をつくる

貯金すること、目標を達成するもの当たり前の習慣を作ることが大切です。

貯金ゼロからのスタートならば、貯金し始めたというだけで十分に凄いことです。

貯蓄ゼロとゼロ以外の差はとっても大きいのです。

uni.
uni.
貯金ゼロの状態から、毎月1000円ずつでも当たり前のように貯められるようになったのなら是非とも自分を褒めてあげてください

 

貯金で失敗しないためには、自分にとって貯金や目標が苦痛なものにならないようにすることが大切です。

 

貯蓄が当たり前の状況になれば、自然と毎月貯めることができるお金の上限は上がっていくはずです。

計画的にお金を使う力も高まっていることでしょう。

 

目標を達成してもすぐに目標を上げてはいけない理由とは?

目標を達成すると、ついついハードルをあげたくなりますよね?

貯金を始めたばかりのうちは目標を引き上げない方がいいです。

最初はとにかく毎月の目標を確実に達成し続けることが大切なのです。

 

貯蓄は何年もかけて行う長距離走です。

1~2ヶ月目標を引き上げるのが遅くなったところで最終的な結果はほとんど変わりません。

無理にペースを上げて途中で転んでしまうことの方が避けたいです。

 

習慣化するにつれてどのくらいペースを上げたらいいのか分かるようになりますが、最初の内は焦ってペースを上げず、ゆっくりと一歩ずつゴールを目指しましょう

貯蓄が習慣化したならば、毎月当たり前に達成できる範囲で少しだけペースを上げてOKです。

 

計画や目標をたてるのが苦手な方は…

お給料を貰ったらすぐにお金を分けましょう。

 

手取り15万円なら、いったん14万5千円と5千円に分けてみましょう

その5千円はどうしてもピンチになったときだけ使い、基本的には14万5千円で生活することを目指してください。

いったん分けることで、お給料の一部を基本的に使わないお金として頭の片隅に追いやることが狙いです。

貰ったお給料をあるだけ全て使ってしまうという状況からの脱却を目指しましょう

 

ゆうちょ銀行の自動積立定期貯金や銀行各行の積立預金などを使えば、自動的にお金を別の通帳に分けることができるので便利かもしれませんね。

 

お金はお金を呼ぶ!?

貯金ゼロから脱却することができれば、意外とどんどんお金は貯まります。

ゼロはいくら積み重なってもゼロです。

しかし月々数千円でも貯蓄し続ければ資産は増えていきます。

そして、一度貯蓄が習慣化すればどんどんお金の使い方が身に付きます。

uni.
uni.
お金の使い方も、貯蓄もどんどん上手になるんです!

より少ない支出でも、より満足できるお金の使い方ができるようなるんです。

 

最初から大きな金額を貯めようとする必要はありません。

最初の一歩を踏み出し、そして歩みを止めないことが大切です。

 

もちろん、お金を運用しながら資産形成をした方が10年後20年後により大きな資産を手にすることができるでしょう。

金融庁肝いりの制度である「つみたてNISA」を使えば非課税で簡単に資産形成ができますし、長期的に積立てれば損失を出す可能性はかなり低くなります。

あわせて読みたい
インデックス投資、おすすめ、仲間意識が強い、個別株投資やアクティブ投資よりも。インデックス投資、資産運用、リターン、経済成長、投資信託、メリット
「 Fund of the Year 2018」私が選ぶ投資信託はこれだ!!「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に参加しました。2018年はつみたてNISAが始まり、低コストで質の...

 

ただし最初から運用をする必要はありません。

まずはお金を貯められる習慣をつくること、いざというときに使えるお金を用意することを目指しましょう。

コツを掴むことができれば、あとは簡単です。

貯金0円⇒10万円よりも、貯金30万円⇒100万円の方がずっと簡単です。

 

まとめ:楽しく上手にお金を使おう!

貯蓄をすることで将来私たちが選ぶことができる選択肢は増えていきます

何か大きな買い物をするために貯蓄をしてもいいでしょうし、将来の安心のためでもいいでしょう。

大切なことは、今の生活の満足度を出来る限り維持しつつ将来の可能性を広げることです。

 

いきなり無理をして貯蓄をする必要はありません。

まずは着実に自分がクリアできる範囲で目標をたてましょう。そして、目標を達成するのが当たり前の状況、習慣を作りましょう。

貯金が負担になってしまい苦痛を感じてしまっては長続きしません。

無理なく長く続けられることが大切です。

そして、貯蓄の習慣が身につくにつれてお金の使い方がどんどん上手になっていきます。

より少ないお金でより多くの満足度を得られるようになれば、毎日がずっと楽しくなります

 

貯金ゼロから、少しでも貯金がある状況になれば日々の安心感は飛躍的に向上します

いざという時に使えるお金があるのとないのとでは大違いです。

uni.
uni.
ペースはゆっくりでいいです。まずは最初の一歩を踏み出してみませんか?

 

・最初の一歩を踏み出し、自分が歩き続けられるペースを掴もう

・より大きな満足度を得られるようなお金の使い方を身につけよう

・一度貯まり始めるとどんどん貯まるようになるよ
 貯金0円⇒10万円ができれば、10万円⇒50万円、100万円は意外と簡単

・コツを掴んで無理なく将来の可能性を広げよう!

 

毎月いくら貯金できるか、どんな方法を用いるか、運用するかしないか…。

1人1人条件や考え方は違います。

金額も方法も途中で変更できますが、まずは一歩踏み出すことが必要です。

一緒に資産形成を始めてみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

またねっ!

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。