仕事との向き合い方

新入社員をきちんと育てれば自分も幸せになれる

良い人間関係を築くためにやるべきこと

こんにちは、皆様の会社に新入社員は何人くらい入ってきたでしょうか?

まだまだ、ユニフォームやスーツに着られているたどたどしい姿もあることでしょう。

今回は投資とは関係ないお話をします。

会社生活を幸せにするためのお話しです。

 

新入社員の胸の中は不安と葛藤でいっぱい

日本の場合、多くの会社では4月に新入社員が入ってきます。

今年は採用がなくとも、いつかは新入社員が入ってきます。

 

新入社員にとって、初めての社会人生活というのは、期待も大きいでしょうが、不安も非常に大きいです。

また、描いていた社会人像と現在置かれている自分の立場との違い(ギャップ)から葛藤することも多いはずです。

就職活動の際、就活生が手に入れられる情報はその会社全体の情報の極々一部でしかありません。その会社の先輩が友人であるなら別ですが、採用担当者も、リクルーター(就活時にお世話してくれる先輩)も、職場体験の時にお世話になる職場の方々もあくまで、就活生を就活生「外部の人間・お客さん」として扱います。

 

また、学生時代にアルバイト経験がある方も少なくないですが、上司の社員に対する接し方とバイトに対する接し方、それぞれにかかる責任というものは大きく異なります。

 

仮にアルバイト等で「働く」という経験がある方でも、「社員として働く」というのは初めてなわけです。

そして、本当の意味での会社の「内部」に入るのもこの時が生まれて初めての体験となります。

 

そのため、それまで抱いていたイメージと実際の職場のイメージにギャップがない新入社員はほぼいません。そして、そのことが新入社員に不安や葛藤となって押し寄せてくるのです。

 

新入社員だったころの記憶

みなさんは自分が新入社員だったころ、どんなことを考えていたか覚えていますか?

どんな経験をしたかは間違いなく何かしら覚えていると思います。

 

「俺が新入社員だったころは~(以下略)」

 

といった上司や先輩の話を耳にした経験はあると思います。

大抵の場合、「自分が親友社員の頃はお前たちより苦労や努力をしたんだ。お前たちももっと頑張れ」的な内容です。

 

誰しもが、過去を美化します。そして、自分が「なにかしら苦労した」「なにかしら頑張った」というイメージを持っています。

そして、自分はこうやって成功したんだから、「お前たちも努力すればできる。もっと努力すべきだ」となるわけです。

 

新入社員だったころの気持ちを覚えていますか?

では、新入社員だったころ、何を「考えていたか」覚えていますか?

 

新入社員のころ頑張ったイメージ等と比べ、あまり意識することはないのではないでしょうか?

新入社員に対する教育・フォローが上手な先輩方は、この「気持ち」をしっかりとらえています。

 

一方で、仕事の失敗を叱るだけならまだしも、

中には残念なことに「自分が新入社員のころは、もっと大変だったんだ」といって理不尽な要求(不当な労働の強要・アルハラ・パワハラ…)をする先輩方も散見されます。

 

自身が、その立場だった際“嫌な想い”をしたはずです。そのとき、“嫌な想い”を強要する上司や先輩のようになりたくないと思ったのではないでしょうか?

 

それがどうして、上の立場になると“嫌な想い”を強要する側に加わってしまうのでしょうか。

 

本当に新入社員だっところの“気持ち”を覚えていて、理解しているなら決してできないはずです。

 

新入社員が活き活きと育つ環境は自分たちにとってもプラス

新入社員がきちんと育つということは、会社にとってメリットがあるというのは誰しもが理解できます。

実は、自分自身にとってもプラスとなることがいくつかあります。一例として、

 

1.職場の雰囲気が良くなる

新入社員は特別な存在です。出来ることも少なく、失敗することも多いですが、新入社員の頑張っている姿は職場を明るくしてくれます。お客様も多くの場合、相手が新入社員だと分かれば過当な要求はしませんし、きちんと新入社員頑張っている姿は外部に対しても良い印象を与えます。

 

2.誰かを育てるというノウハウ・情報が手に入る

特にこれから家庭を持つ人にとって、誰かを育てるという経験をするうえで新入社員はもってこいの存在です。新入社員が自分の子供だったらパワハラやアルハラをするでしょうか?

きちんと育て上げればその際に培ったノウハウは私生活にも役に立てることができますし、既に高校生や大学生のお子さんがいるのであれば、子供の進路を支援する際に新入社員は最も新鮮な情報を持っている身近な人物ですので、良好な関係を気づくことは非常に重要です。

 

3.自分の仕事の効率が上がる

新入社員は間違いなく、ミスをします。ミスをした場合、そのリカバリーにはミスをするまで以上の労力を要します。ミスをした際に適切な指導を行えば、新入社員の技能は向上しますし、不安な時、ミスをする前に相談しやすい関係性を作ることでミスを未然に防ぐことができます。そして、リカバリーのための労力が無くなると同時に、きちんと新入社員が戦力となれば職場全体の業務の処理力にゆとりが生まれます。

 

新入社員を育てるために

新入社員が頑張っている際には些細なことでもきちんと褒めてあげてください。

 

そして、「こういうことが大変だよねー」とか「実は、うまく立ち回るためにはこんなポイントがあるんだ」といった話を積極的にすることが大切です。

何気ない雑談でもいいのでなるべく話しかけてみてください。そうすることで、新入社員の悩みや不安を聞くことができ深刻化する間に解決することが可能になります。

 

新入社員は常に不安でいっぱいですので、何をすればいいのか自信がないことも多いです。

きちんと褒めることで、今後ももっと頑張ってもいいんだと自身を持てるようになります。

 

実際に、新入社員が頑張っていることを逐一褒め、上司にも新入社員が頑張っている姿をそれとなく伝えるようにしてみたところ、職場全体で新入社員を応援していこうという機運が高まり、メキメキと成長しています。

 

(このままだと、そのうち追い抜かれそうです・・・)

 

そして、良い先輩(おそらく、新入社員は先輩のことを過大評価している)であり続けるために、日々の業務を頑張ったりスキル向上のために資格を取ったりといったモチベーションが高まります。

また、新入社員をきちんと育成している姿は、間違いなく上層部に良い印象を与えます。(上司自身の評定にも影響するしね!)

 

自身のスキルや成果の向上は、給与や出世等にも直結します。

是非とも新入社員をきちんと育成して、自身の生活もより良いものにしてしまいましょう!

 

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。