用語解説

ETFってなに?とっても便利な投資信託のことだよ?

日銀がETFを買っているというニュースを見たことがあるでしょうか?ETFって何なの?ETF(上場投資信託)と普通の投資信託の違いもお話ししたいと思います。

ETFExchange Traded Funds):上場投資信託

・ETFにはたくさん種類があって、日経平均株価やTOPIXのような株式指数や、債券REIT(不動産)、コモディティ(金や原油などの商品)等に連動しているよ

市場全体に投資することもできるよ=小さな金額分散投資簡単

・投資信託と違って、価格を見て取引できる

・機関投資家(プロ)だけじゃなく、個人でも簡単に使える

・これからもっと普及して、身近なものになっていくよ、たぶん

こんにちは、最近仕事が楽しいuni.です。今日のテーマは“ETF”です。日銀の金融政策などを取り上げる際などによく出てきます。

聞いたことはあるけど、よく分からない。そもそも聞いたことないんだけど・・・。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

経済を語る上で、年々ETFは重要なキーワードとなっていますので、今回は全く知らない方にもわかるようにお話ししたいと思います!

 

ETF(Exchange Traded Funds):上場投資信託⇒名前の通り証券市場に上場している投資信託だよ

普通の投資信託とETF(上場投資信託)の大きな違いは、証券市場にしているかどうかです。名前の通りですね。

ETFと投資信託の簡単な説明

(画像出典:投資信託協会)

 

なんでわざわざ投資信託を証券市場に上場させてるの?

投資信託を上場させるととっても便利になるからです。

 

投資信託、プロ、運用、個人投資家

(画像出典:秋田銀行)

 

投資信託は、画像のように投資家たちから資金を集め大きくした資金を、運用のプロ(ファンドマネージャー)がいろいろな金融商品等に投資をすることで利益を得ようとするものです。ちょっとしかお金がなくてもみんなから集めれば、お金持ちにしかできないような効率的な投資ができるようになるよ!プロに任せるので個人でも簡単に投資できますね。

 

お金支払い投資信託を購入した投資家たちは、最終的に利益を確定する(お金を支払ってもらう)ためには、投資信託を解約する必要があります(投資信託をそのまま金融機関に売る方法もありますが)。

ファンドマネージャーは、投資家たちのお金を元手に運用しているわけですので、お金を支払うために、運用していた株式や債券などを売却します。

ファンドマネージャーは長期的な視点で投資をしていますから、途中で解約されてしまうこと、本当は売りたくないタイミングで株式などを売ることになりかねません。売買手数料もかかりますね。その分、投資信託のパフォーマンスが下がりますから、売らずに持っていた方が損をします

この不公平感をなくするために解約した方に損失分を負担してもらおうという取り決め(信託財産留保額)がある投資信託もあります。新興国株式など流動性が低いものに投資をしている投資信託には信託財産留保額があったりもしますが、今はないものが多いねですね。

 

ちなみに投資信託の価値や運用の成果を表しているのが、基準価格です。一日に一回決まります。投資信託を売買する際は、後出しじゃんけんができないように、基準価格は前の日のものではなく、その日(または翌業日)の基準価格を用います。じゃないと、これも、解約せずに持っていた人が不利にならないようにする仕組みです。

 

uni.
uni.
なので、投資信託って買る(売る)ときに思ってたより高くなったり、安くなったりするんですよねー

しかも、リアルタイムで価格が決まらないうえに、資金化するまでに時間がかかります。頻繁に売り買いするのには向いていませんね。

それに、ファンドの規模に対して流入してきたり流入していく資金が大きくなればなるほど、運用が不安定になります。そのぶん、新しく株式などを買ったり、無理やり売ったりしなければならなくなるので同じパフォーマンスを維持するのが難しくなります。

 

投資信託って、個人のような投資家がお金持ちに負けないようにする仕組みではあるのですが、いろいろ不便ですよね?

 

・ファンドマネージャー「運用している資産を途中で換金することで運用パフォーマンスが下がるのを避けたい

・ファンドマネージャー「投資家から資金が入ってきたり、資金が出ていくたびにファンドの中身を調整する手間を省きたい」

・投資家「リアルタイムで価格が決まるようにして価格をみながら取引したい!

・投資家「大きな金額で小まめに売買できるように、流動性を高めてほしい」

 

投資信託そのものに値段をつけて売買したらいいんじゃない?

uni.
uni.
ETFは投資信託を株式や債券を入れる入れ物と捉えて、入れ物ごと売り買いするイメージですね
uni.
uni.
ちなみに普通の投資信託は、そのファンドで運用してもらう権利を買って、あとからその権利を売って、運用してもらって増えた資金を受け取るイメージ

 

長期保有する際のメリット:ETFは簡単に低コストで分散投資できるよ

日経平均株価や、NYダウ等の株式指数や、債券、コモディティ等いろいろな指数に連動したETFがあります。市場そのものに投資することができます。

 

日銀や機関投資家が使うことが多いので、個人には無縁なイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、1万円程度から取引することができます。

1万円で程度から、市場そのものに投資家ができるので簡単に分散投資することができますね。

投資信託は販売会社運用会社受託会社の3社に信託報酬という手数料を支払います。

ETFの場合、市場で売り買いしますので、販売会社が存在しません

つまり、信託報酬を支払わなくていいので、その分信託報酬が割安になっています。

信託報酬は毎年、投資家が支払う手数料なので安ければ安いほど、長期的な資金の増え方が大きくなります。

ETFは規模が大きく効率的に運用されていることと、管理費用が通常の投資信託より安いことも手数料が安い要因ですね。

 

短期的に保有したり、売り買いする際のメリット:ETFは流動性が高いし、値段を見ながら売買するか決められるよ!

私が感じるETF最大の利点は、なんといってもリアルタイムで価格が決まることですね!

 

最初に株式投資から始めたので、投資信託を初めて買った時に衝撃的だったのが、値段が分からないまま買わなければいけないということでした。

uni.
uni.
(今は慣れましたが、いくらになるのかわからないで買うのって少し怖くないですか?)

それに、一日に一度しか値段が決まらないということは、値段が決まるまでの一日以上かかるということです。値段が決まるまでの時間が長くなれば、そのぶん価格はブレやすくなります。

「思っていたよりだいぶ高く(安く)なっていた」

ということが起こりやすくなります。

 

リアルタイムで価格が決まれば、価格を見ながら取引できるので自分がいくらで取引できるのか分かりやすいですよね。

 

 

株式投資やFXをした方なら分かると思うのですが、普通の投資信託って指値注文ができないんですよね。

一口当りの金額を指定して注文をすること。通常の投資信託は株式等とは違って一日に一つの値段が基準価額として公表されており、日中の価格の変動が無いことから、指値注文はできない。ETFやREIT等は上場商品なので市況を見ながら指値注文をすることが可能である。

(引用元:投資信託協会)

指値注文というのは、

A株が12,000円の時

uni.
uni.
11,500円になったら買いまーす!

といったように、あらかじめ購入したい価格を伝えて置き、購入する予約を入れておくことです。もちろん売るときも使えます。

uni.
uni.
いちいち市場を見なくてもいいのでとっても便利

 

ETFの普及:FTFはこれからもっと広まっていくと思うよ!便利だしね!

日本でETFが初めて登場したのは1995年です。バブル崩壊後、市場の活性化も期待され登場したのですが、商品数もなくあまり普及しませんでした。

その後2001年に日経225やTOPIXに連動するバスケット型ETFが登場します。バスケット型ETFは、バスケット(入れもの)に複数の株式等を詰め込んだもの。まぁ、株式や債券がそれぞれ指数に連動するようにパッケージされたようなものです。

この段階でも、まだまだ商品数が少なく、まだまだ個人投資家人気がありませんでした。

 

2007年、2009年にETFに関する規制が大幅に緩和されたことで、ようやくETFに光が当たります。Jリート(不動産に連動)や中国株、金に連動するものも出始め、一気に商品が多様化しました。

みんなが欲しかったものがようやく出てきた感じです。

米国株に投資したい方は、米国株EFTを買ったりもしていますねー

 

 

その後、日銀の金融政策で用いられたり、日本年金機構などが積極的に購入しているなどといったニュースが出るようになり、少しずつTV等でも取り上げられる機会が増えました。

 

まだまだ、日本のETFの市場規模は全世界の2%程度(日本が小さいというより、アメリカの市場規模が圧倒的過ぎ)ですが、今後商品の多様化や個人投資家の増加に合わせてもっといい商品が出てくると思いますし、身近なものになるでしょう。

 

まとめ:ETFは便利な投資信託だよ?ETFを組み合わせると簡単に分散投資もできるし、自分なりのポートフォリオを組めて楽しいよ?

日本では、ETFの普及はようやく始まったばかりです。

どんどん新しい、いい商品も出ていますし、とっても便利です。証券会社でもETFの取扱数はどんどん増えていますのでらいなぷを見るだけでも楽しいですね。

 

普通の投資信託のいい商品がいっぱいありますが、ETFも選択肢にあると、より厚みのある資産運用ができますし、なにより楽しいです。自分で、資産運用している感が味わえますからね!

uni.
uni.
短期投資にも長期投資にもきっと役立ちますし、小額から簡単に出来ますので、もし興味があればぜひどうぞー

 

思っていた以上に記事になりましたが、いつも読んでいただきありがとうございます。

ではでは、また明日ー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。