投資のヒント

【急な出費】金融商品を上手に解約しよう

投資、換金、資産運用、出費

お金のことは余裕がうちに考えましょう。急な病気やケガなど、急にお金が必要になる場面ってありますよね?そういった場合、どこからお金を捻出しますか?株式や投資信託もスマホから簡単に換金できる時代になったからこそ考えていただきたいです。

・お金よりも大切なものがある

・普段からあらかじめ考えておくと慌ずに済む

・躊躇わず、命や将来の可能性を優先しよう

・もし余裕があるなら、解約時にデメリットが少ないものから現金化しよう

こんにちは、預金ほとんどない系投資家のuni.です。

急な出費ってありますよね?実際にそういったことがあってから考えるのでは、ますます心に余裕がなくなってしまいますね。余裕がある今のうちに考えてみませんか?

 

緊急時用のお金を準備してから投資しよう

投資をするうえでの大原則ですが、生活費、生活防衛資金は絶対に投資に回すべきではありません。

投資は生活を豊かにするためのアクセント(追加要素)としてやるべきです。

生活を危険にさらしてまでやらるものではないですよね?

 

この生活防衛資金の規模は、一人ひとり異なります。

若くて独り身であれば、身軽でも大丈夫ですが、40代50代で住宅ローンがあったり、お子さんもいるという方は大きなお金を用意しておく必要があります。

 

緊急時になってから用意するお金

もし、よりお金に効率的に働いてほしいというのであれば、いつか使うかもしれないお金をすべて現預金で持っている必要はありません。

投資信託も株式も解約することは簡単です。

 

投資している資産を解約し、代金を振り込む

車や家を買う場合、買おうと思いたったその日にお金を払わなければならないなんてことありませんよね?

買おうと思ってから、車や家を選ぶまでの時間がありますし、契約が固まってからお金を用意しても十分に間に合います。車屋さんも不動産屋さんも、せっかく買ってもらえそうな契約を簡単に破棄するようなことは出来ませんし、代金を振り込むまでには十分な猶予があります。

投資信託も株式もだいたい1週間くらいあれば

解約→現預金化→振り込みが可能です。

 

もし病気になってしまった場合も同様です。

今はスマートホンで簡単に解約換金ができますので、支払いに関しては問題ありません。

 

突発的に運用資産を解約する際の注意点

解約することによって不利ならないか確認する必要があります。

たとえば、

  • 急な株価や為替の変動によって急落しやすい商品かどうか
  • NISAを使って購入した商品かどうか
  • 保険など最初に大きな手数料をすでに払い込んでおり、長く持つことでその分を取り返そうとするような商品ではないか。

もし複数の金融資産を持っているのであれば、どれから順に解約するかイメージしてみましょう

 

金融資産が株や投資信託など価格変動の大きい商品に偏っている場合

株式や投資信託は、解約、換金時までの時間がそれほど長くありませんし、購入時の手数料を抑えた投資することが可能です。場合によっては購入時手数料ゼロも可能です。

つまり、比較的解約しやすい金融資産であると言えます。

ですが、価格が急落した直後に解約してしまうのはもったいないですよね?

より換金性を高めるためには、値動きが違うものを持っていると、価格が急落したものではないものを現金化できる可能性が高まりますのでおすすめです。

 

NISAを用いて買った金融資産を持っている場合

NISAで購入した商品は、売却時に利益が出ていた場合にかかる税金を非課税にすることができます。

中途換金は可能なのですが、非課税枠は投資信託や株式を換金しても再利用することができません。

もし、非課税効果を最大限に生かしたいなら、NISA枠で購入した商品はそのまま保有し、他の金融資産から解約した方がお得ですよね?

 

金融資産が保険に偏っている場合

もし、金融資産が中途解約すると元本が割れやすい保険しかないのであれば、何かあった際に首が回らなくなってしまう可能性があります。

決して保険が悪いというわけではありあせんので、その場合は現金預金を多めに持っているようにしたり、換金しやすい金融資産もある程度持つようにしましょう。

 

まとめ:金融資産は簡単に換金できるけど、あらかじめお金が必要になる場面を想定しておこう

お金は実際に使ってこそ、その価値を発揮します。

本当にお金を使う必要がある際に、きちんと必要なお金を用意できるようにしておきたいですね。

・普段から、いつか使うお金を現預金で持っている必要はない

・あらかじめお金が必要になる場面を想定しておこう

・金融資産をどれから解約するかイメージしよう

・自分にとって有利になるようにお金を用意しよう

投資をしているお金はいつか換金するときが来ます。

ですが、予期しない場面でお金が必要になることもありますよね?

緊急時に対応できるように資金を用意したり運用することで、安心感も高まりますし、不利な状況を回避できる可能性が高まります。

是非一度、自分の生活と金融資産を見つめなおしてみましょう!

 

いつもお読みいただきありがとうございます。とっても力になります。

ではでは、また明日っ!

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。