雑記

【考察】毎月分配型投信は本当に悪なのか、何が必要で何が幸せか

つみたてNISAの普及によって投資のすそ野は広まり、投資信託の質も飛躍的に向上しました。

一方で、以前は圧倒的な販売額・純資産残高を誇った毎月分配型ファンドはその割合を減少させています。

もはや「毎月分配型ファンド=悪」という風潮になりつつあるように感じます。

uni.
uni.
毎月分配型投資信託は本当に悪なのでしょうか?

・毎月分配型ファンドとは何か

・毎月分配型ファンドを選ぶべき場面は本当にないのか

・私たちが自分自身のの幸せを高めるためにはどうするべきか

私たちにとって本当に必要な投資、幸せになるためには何をするべきか考えていきましょう。

 

毎月分配型ファンドとは?

毎月分配型ファンド、毎月分配型投資信託とはその名の通り毎月分配金を出す仕組みになっている投資信託のことです。

預金の利息とは異なり、投資信託の分配金は純粋に運用によって増えたお金とは限りません

現在でこそ、日本人の金融リテラシーが向上したことで毎月分配型の運用効率の悪さが取り上げられるようになりました。

しかしつい最近まで、毎月分配金が出るという仕組みは、日本人投資家の心をつかみ投資信託のうち非常に大きな割合を占めるものでした。

毎月分配型ファンドの純資産残高

うにの投資生活、ポートフォリオ、資産運用、資産公開、運用状況、米国株、国内株、株式投資、インデックス投資家

(画像出典:NIKKEI STYLE マネー研究所 苦境の毎月分配型投信 「高分配のみに注目」に反動 )

毎月分配型投資信託の最大の問題点は、分配金を出せば出すほど運用効率が低下するということです。

投資信託の分配金は、株式の配当金や預金の利息とは性質が異なります。

配当金や利息は、純粋に利益として受け取ることができるのですが、分配金は必ずしも利益とは限りません。

投資信託の仕組み

うにの投資生活、ポートフォリオ、資産運用、資産公開、運用状況、米国株、国内株、株式投資、インデックス投資家

(画像出典:秋田銀行)

投資信託は、投資家からお金を集め、ファンドマネージャーがそのお金を元手に運用を行うというものです。

その運用結果によって利益が出れば、ファンドマネージャーの手元にあるお金はどんどん増えてきます。

 

ファンドから投資家にお金を戻す仕組みとして分配金があります。

分配金を出せば出すほど、ファンドマネージャーの手元に残る資金は減少していきます。

ファンドマネージャーは元手があってこそ、運用が可能となります。

そもそも、お金を増やすためにファンドマネージャーに資金を渡しているわけです。

運用で増えた分も含めてすべてのお金を運用に回してもらった方が最終的に投資家が得ることができる利益は大きくなるはずです。

 

また、分配金は運用成果に応じて支払われるとは限りません

多くの投資信託の場合、あらかじめ毎月いくらと定められており、運用結果がマイナスであろうとも、あらかじめ決められた分配金が支払われます。

この際に支払われる分配金は利益ではなく、もともと投資家がファンドマネージャーに渡した投資元本を払い戻しただけです。

uni.
uni.
購入時手数料や信託報酬(運用や経費に対する手数料)等の手数料を支払って運用を依頼しているのに、元本を払い戻されるだけというのは少し問題がありますよね

 

運用が絶好調で毎月の分配金が運用利益で全て賄えているのであれば、問題は表面化しづらいのですが、

運用成果が芳しくないと分配の度にどんどんファンドから資金が流出し更なる運用成績の悪化を巻き起こします。

 

また、分配金を出し過ぎるとファンドの基準価格や純資産総額は減少していきます。

これに伴い、投資家がファンドを換金時に受け取れるお金が想定よりも少なくなったり、分配金を維持できなくなっていきます。

 

投資信託を用いて資産形成をするのであれば、毎月分配型投資信託は運用効率の悪い投資信託と言えます。

そもそも分配金は必要か?

そもそも分配金を出す必要があるのでしょうか?

 

私たちが資産形成を行う際は、投資信託を積立運用することが多いです。

これは、毎月一定額を追加投資し続けることでリスク分散を図りつつ、投資元本を増やすことで資産形成の効率を高めるためです。

積立投資をしている限りは、私たちの側から投資信託へ資金を流し込み続けている状態が続きます

uni.
uni.
投資元本を増やしたいのですから、元本を減らすことになる分配金は必要はありませんね

 

毎月分配型ファンドが有効な場面

毎月分配型ファンドが必要な場面は本当にないのでしょうか?

毎月分配型ファンドが有効となるのは、私たちが退職し年金生活になってからです。

つまり、毎月追加投資する段階から、毎月運用資産を切り崩しながら生活する段階になったのであれば毎月分配型投資信託も選択肢に加わるということです。

 

分配金が出ない投資信託を毎月毎月、自分で少しずつ換金してもいいのですが、なかなかに面倒です。

また、自分で換金するからには、そのタイミングなどを判断する必要もでてきます。

老後は、お金をどんどん増やせるかではなく、その時点で手元にある資金をどれだけ長持ちさせられるかが重要になります。

換金のタイミングも考慮した方が運用効率は良くなるのですが、あまり換金タイミングを考慮しすぎると、いつまでたっても必要な生活費を切り崩せなくなりますよね。

 

また、年を取るにつれ投資判断が億劫になるかもしれません。

そうなれば、自動的に毎月資金を払い出してくれる分配型ファンドの方が満足度が高まることでしょう。

日々の生活をストレスなく過ごせるということは非常に重要です。

 

そもそも60代、70代となったら値動きの小さい資産で運用を行うべきです。

70歳のタイミングで株価暴落に巻き込まれたら、株価が復活するまで生きていられるか分かりませんし、生活にも支障が出てしまいますよね。

uni.
uni.
値動きの小さいファンドで毎月分配型のものというのは十分に選択肢足りえるのではないでしょうか?

 

毎月分配型ファンドが悪者扱いされる要因

毎月分配型ファンドが悪者扱いされる要因は、分配金によって運用効率が下がるからだけではありません。

 

つみたてNISAの普及により投資信託の質は飛躍的に向上しました。

購入時手数料がなく、信託報酬も非常に安いインデックス投信が続々と市場に投入されています。

一方で、毎月分配型投資信託はつみたてNISA対象外であるということもあり、新商品の投入が進んでいません

そのため、従来の手数料が割高な投資信託が多く残されています

このことも毎月分配型が批判される要因となっています。

今後、毎月分配型の投資信託も手数料が低下していくことが望まれます。

 

私も現在販売されている毎月分配型ファンドを購入たいとは思いません。

当面は、販売量も純資産総額も減少していくと思われます。

しかし、私が60歳、70際になることにはもっと洗練された毎月分配型ファンドが出回っているかもしれません。

uni.
uni.
そうなれば、私のポートフォリオにも毎月分配型ファンドが組み込まれるかもしれませんね

 

まとめ:自分には何が必要か考えてみよう

毎月分配型ファンドが悪であるとは断言できません。

 

運用効率や手数料に目を向ければ決しておすすめできるものではありません。

しかし、投資家の生活スタイル等も考慮すると毎月分配型ファンドが適している場面も存在します。

 

・毎月分配型ファンドは旧来の高コスト型投信が多い

・毎月分配型の仕組みは資産形成には不向き:積立投信に設定すべきではない

・老後の生活費を充当する手段としてならば毎月分配型ファンドも選択肢に
 ・・・お金の出口としてなら一考の余地あり

自分が投資信託に何を求めるか、自分にとっての幸せを実現できるかが重要

 

なぜその投資手法が良いのかなぜその投資手法は良くないのかを考え、

自分が何を選択し、利用すれば幸せになれるのか考えてみましょう。

uni.
uni.
一見、非合理的に思える選択ももしかしたらあなたにとっては大切なものなのかもしれませんよ?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

またねっ!

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。