投資のヒント

【資産形成】NISAの枠は年間120万円!!どうやって使い切る?最大限NISAを活用するためにやりたいこと

NISAのロールオーバーの仕組みを解説、投資、資産運用
NISA活用法の要点

・NISA枠(非課税になる枠)を最大限活用して資産形成したい
 
①使いきれなかった分のNISA枠を繰り越すことはできない
 ⇒120万円分を5年間、毎年使い切る

②NISA枠で買ったものを売却してもその分の枠を再利用することはできない
 ⇒中長期投資前提の購入をする

③非課税効果を高めたい
 ⇒期待される利益が高いものをNISA枠で購入する

 

こんばんは、株を買うことが趣味になりつつある歯車系会社員uni.です。

今回は、私も利用している資産形成の強い味方、NISAをどう使うかについてお話したいと思います。

 

NISA(少額投資非課税制度)制度とは?

NISAとは、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。             (引用元:金融庁)

ざっくり言うと、

金融庁「NISA使って株とか投資信託を買っってくれたら、儲かった分に税金かけないから、みんな資産運用してねー」という制度です。

もし、利益に対して課税されるものが免除されるなら使ったほうがお得ですよね?

 

NISAの非課税枠について解説

(出典:金融庁)

 

もともと、ISA(Individual Savings Account :個人貯蓄口座)読み方は「あいさ」という、イギリスの制度を日本版にアレンジしたものです。

日本人の資産運用を行っている人の比率が非常に低いです。10人に1人くらい。一方、アメリカ人やイギリス人は資産運用を行い、家計の資産をどんどん増やしてきました。

 

将来の年金などが問題になる中で、金融庁が、日本人に資産運用を促すことを目的に作りました。

 

詳しい制度について話し出すと長くなるので、別記事にします。

 

“NISA”と“つみたてNISA”があるけど、
株やちょっと特殊なものを買いたいなら“NISA”を使おう

 

つみたてNISAに入れられる商品は要件を満たす投資信託だけです。

購入方法も毎月一定額を購入し続ける積立に限られます。

非課税枠は年間40万円×20年間の最大800万円

ゼロからコツコツ積み立てたい方におすすめ!!初めての資産形成なら
つみたてNISAがおすすめ!!

つみたてNISAについて詳しくは以下の記事をどうぞ

あわせて読みたい
つみたてNISAと資産形成、資産運用
【資産形成】つみたてNISAを分かりやすく解説こんにちは、“つみたてNISA”が始まり半年が経とうとしています。 テレビCMも結構流れていますが、観た覚えがあるでしょうか? 何度...

株式投資を非課税枠を使ってやりたいなら、NISAを使おう!!投資信託も入れられます。

非課税枠は年間120万円×5年間の最大600万円

すでに手元に投資できるお金がある、または毎年80万~120万円程度新たに投資するお金を用意できる方におすすめ

つみたてNISAより刺激的な資産形成、資産運用ができます。

国内株や米国株に興味がある方は是非、NISAを使ってみましょう!

私は、米国株を非課税枠で買いたいのでNISAを選んでいます。

米国株信者というわけではありませんが、これからもアメリカは世界をけん引し続ける存在だと考えるからです。

ざっくり言うと、世界一の企業って儲かるよね?なら株も上がるんじゃない?的な感じです

 

普通は、米国株を買う際に購入時手数料がとられるのですが、証券会社によってはNISAを使って米国株を買えば手数料をキャッシュバックしてくれます。

 

NISAを最大限活用するなら、
毎年120万円×5年間の非課税投資枠を使い切らろう!

NISAの非課税投資枠は使い切れなかった分を翌年に繰り越すことができません

毎年120万円ずづ新たに購入できる非課税投資枠ができるのですが、仮に

2018年に使った枠が50万円分だけ(=残り70万円分の非課税投資枠は未使用)だとしても、

2019年にもらえる非課税投資枠は120万円分だけです。前年使わなかった70万円分の非課税枠は持ち越されず消滅します。

 

もし、非課税投資枠を最大限活用したいなら、毎年120万円ずつNISAを使って株や投資信託を買う必要があります。

毎年120万円ずつ新たにNISA枠を使って購入するための資金を用意する必要がある

6年目は、ロールオーバーという制度を使うことで、1年目に投資したものをさらに5年間延長して非課税で運用することができるので、新たに追加購入しなくてもOKです。

NISAのロールオーバーの仕組みを解説

(出典:金融庁)

 

NISAの非課税枠を目いっぱい使って、資産形成、資産運用をしたいと思いますので毎年120万円ずつ追加で投資資金を捻出すべく家計をやり繰りしていこうと思います。(5年間の枠がそれぞれ埋まるまで)

 

NISA枠で買ったものを売却しても
非課税枠を再利用することはできない

非課税枠を最大限生かす(投資したものが値上がりするという前提)なら、5年間持ち続けたほうが効果的です。

もし途中で売ってしまっても、その分の非課税枠で新しいものを購入することはできませんので、5年間持ち続けられるものを買ったほうがいいです。非課税枠の再利用はできない

 

・5年以上持ち続けられるもの

・長く持ち続けることで値上がりや成長が期待できるもの

 

を購入しましょう。

もし投資信託を買うなら分配金が出ないものがおすすめです。

分配金を出さず分配金の分も運用してくれるタイプのほうが(値上がりする局面では)効果的に非課税の恩恵を与えてくれます。

 

NISAの非課税効果を使って運用するなら、
きちんと利益が出るものに投資しないと意味がない

そもそも、NISAは利益にかかる税金を非課税にする制度ですから、利益が出なければ意味がありません。

 

・将来的にきちんと利益を生んでくれそうなもの

・利益が出るかは確実ではないけど、かなり大きな利益を生むかもしれないもの

 

に投資をすると効果的です。

5年後に確実に利益が出ているかどうかなんて、誰にも正確なことは分かりませんが、予想をたてることはできます。

 

手堅く資産形成したいなら、安定して成長している会社の株式や、投資信託を買いましょう。

非課税効果はNISAの枠を使って購入したものの利益が大きくなっていれば大きくなっているほど高まります。必ず利益が出る保証はありませんが、将来的に2倍とか10倍になるかもしれない株などを購入してみるのも面白いと思います。

 

まとめ:NISAを最大限活用する方法を実践する

①NISAの非課税枠を最大限使って投資をするため、私は毎年120万円ずつ、追加で資金を用意したいと思います。

2年目社会人の給料なので、おそらくこのブログの読者さん達よりも低いはずですが、

ボーナスを全額投資するなどして5年間だけ頑張ろうと思います。

 

②今後成長しそうな産業、IT系や医療・バイオ系の株式に投資を行います。

今後5年間でさらに私たちの身の回りの電子化は進み、新たな医療も開発されると考えます。ITとか医療・バイオとかって成功した場合に会社が得られる利益大きいんですよね。

しかも、短期間で急成長したりするので5年間という枠で買うなら面白いかな?と思います。

 

③5年間の非課税期間を最大限生かすために、可能な限り各年の最初のほうに購入する。
仮に1月に買えば非課税期間はMaxの5年間適用されますが、

12月に買ったものは4年と1カ月分しか非課税の効果を得ることができません。

 

5年という時間を目いっぱい使うためになるべく年の初めのほうに購入してみたいと思います。

 

私は去年からNISAを使い始めましたので、今年を含めあと4年間頑張って入金を続けたいと思います。その際に上記のことを意識して投資・運用していきます。

 

適宜、運用報告を行いますので生暖かい目で被検体(uni.)をご覧いただければ幸いです。

 

ではではー

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。