投資のヒント

【資産公開】3年間で9倍に!リスクを取ったらこんなに資産が増えました

こんにちは、全力投資系歯車のuni.です。

私が投資を始めて約3年になります。

uni.
uni.
この3年間どんな感じで資産が増えてきたのかなー

と思い、資産の推移を少しだけ整理してみました。

今日は、その際に感じたことなどについてお話しようと思います。

 

雪だるま式に資産が増えた

自己紹介でも述べさせていただいていますが、

私は20歳の時に100万円を元手に株式投資をスタートしました。

100万円を握りしめ、株式投資に挑戦

上記の画像は、私がマネックス証券で実際に運用している資産の推移です。

※米国株(約300万円分)は反映されていません。
 というより、システム上米国株は反映させられません。
 米国株も表示してくれたら凄くうれしいんですけどねー

最初の頃は資産が少なかったので無理なリスクをとっていた

2016年の5月6月に一気に資産が増え、2016年の7月に資産が減ったのは、JIG-SAWという会社の株式を保有していたからです。

今は持っていませんが、

3914 JIG-SAW・・・IT系

は、私が株式投資を始めてから、かなり最初の頃に買った銘柄です。

当時は資産が今よりずっと少なかったので、JIG-SAWの株を買うためにほぼ全財産を使い果たしました。新興市場(中型や小型株が多く値動きが激しい)に上場している銘柄(株式)、しかも、上場したばかりのもの1つに全資産をつぎ込むなんて今考えても恐ろしいくらいリスクが高いです。絶対にマネしないで下さい!!

未だに私が株式中心の全力投資をしていることからもお分かりのように、結果的には損をすることなく、100万円程度資産を増やすこととなりました。

 

資産が200万円を超えたのを機に分散投資を始める

JIG-SAWを売った時点、2016年5月時点で、資産はおよそ250万円になっていました。

無謀ともいえるリスクに打ち勝った結果、一年もたたないうちに資産が150万円程度増えています。

日本の会社の株式に投資をするためには米国株に投資をするよりも、多くの資金が必要になります。

とは言っても、100万円だと買える銘柄が限られてきますが、250万円あれば大抵の銘柄を買うことができますし、バランスなどを考えた分散投資することも可能になってきます。

例えば、

分散投資

製造業系 :トヨタ…70万円

食品系  :日清食品…80万円

小売り系 :イオン…25万円×2

インフラ系:NTT…50万円           計250万円

(上記株価は、2018年6月時点のものを用いています。)

250万円あれば、こんな感じで業種を分けつつ複数社の株式を購入することができます。しかも、誰もが知っているような企業(潰れなさそうな感じで、今後も発展していきそうなやつ)を買うことができます。

 

250万円で夢のある企業に分散投資(?)をした結果

当時の私は、200万円を夢のある企業2社に投資。残り50万円程度でテキトーに配当金や優待がもらえそうな企業、いつか成長しそうな企業に投資しました。

 

夢のある企業って時点で怪しさというか、胡散臭さしかないですね。

もうお分かりの方もいらっしゃるでしょうが、その2社というのが現在も私が保有しており、私のポートフォリオの中の主力国内株となっている、

3687 フィックスターズ・・・IT系

6090 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ・・・医療・バイオ系

です。

それぞれ100万円程度買いました。

ちなみに現在、フィックスターズは東証一部上場銘柄に格上げとなりましたが、当時は2社とも東証マザーズ上場銘柄でした。つまり、値動きが激しい小型・中型株だらけの神鋼株式市場の銘柄でした。

 

夢があるといえば聞こえがいいものの、相変わらずリスキーな銘柄に投資してたんですよね・・・

ですが、JIG-SAWだけだったころと比べて大きく進歩している部分があります。

 

そうです!銘柄が2つになった上に、IT系とだけでなくバイオ系という違うジャンルの銘柄を持つことができました。

あとは、

 

uni.
uni.

配当金や優待も欲しいなー

大企業も入れようかなー

とか、考えてみずほ銀行やイオンの株などを買いました。(割合的には10~20%くらい)

 

今も、売らずに持っているのですが

フィックスターズに関しては200万円程度の含み益(売った場合に得られるであろう利益)が出ています。最初から順調だったわけではないのですが、売らずに我慢した結果です。

ヒューマンメタボは10万円程度の含み損がでています。

 

国内株に関しては、大学生の頃に買って放ったらかしにしているのですが、勝手に育って勝手に利益を運んできてくれています

 

含み損が出ている銘柄

仮に、フィックスターズへの投資は結果も出ていますし大成功と言っていいかと思います。1年ちょっとで2倍以上に増えましたので。

では、ヒューマンメタボへの投資は失敗でしょうか?

私は、まだ結果は出せないと思います。

ベンチャー企業が成長し世界に羽ばたくためには時間とお金がかかります。現在は赤字企業ですが、成長性=可能性は小さい企業だからこそ、たくさん残されています。もちろん羽ばたくことなく潰れる可能性もないとは言い切れません。

 

同じような、バイオベンチャー企業として

4592 サンバイオ

という会社の株式も持っています。最初の頃は思いっきり含み損を出していたのですが、現在は2倍以上に値上がりし、私の資産を押し上げてくれています。

 

仮にヒューマンメタボしか持っていなかったら資産の推移はマイナスになっています。その場合、おそらく損失が怖くなって持ち続けることはできなかったでしょう。

他の銘柄がダメな子の分まで稼いでくれているおかげで心にゆとりができ、持ち続けることができているわけです。

今は優等生のフィックスターズやサンバイオも含み損だった時期や成長するのか?という不安を抱かせる時期がありました。含み損を見ると多くの方が不安を抱えることになると思います。実際に私も含み損を見ると、

uni.
uni.
もう売ってこれ以上損失が出ないようにしたい

と思うことがあります。ですが、そこで売ってしまったら損失が確定して終わりです。今後成長すると信じられる限りは持ち続ける事で将来的に大きな利益をもたらしてくれます。

 

 

これから時間をかけて育てていきたい銘柄を複数持つことで、どれか1つが足を引っ張ったとしても他の銘柄が手を引いて前に進んでくれます。

資産が増えたことで、成長しそうな銘柄を複数購入することが可能になります。さらに複数購入することで、仮にどれかが足を引っ張ってもも優等生がカバーしてくれるわけです。

 

心理的に余裕ができたおかげで、サンバイオという会社の株(バイオ系で今後の成長を期待される企業なので値動きが大きい株)も買うことができ、現在は買った時に2倍になっています。

まとめ

私は今も、多くの方から見たらリスクの高い投資をしています。

確かに始めた当初はリスクが高すぎたと思います。ですが、現在はリスクは高いながらも安定的に資産が成長しています。
そして特に投資を続けるうえで、重要なことですが精神的な負担がほとんどない状態となっています。これは、

資金が増えたことで

成長が期待される複数の企業に投資できていること

じっくり持ち続ける心の余裕が生まれたこと

が大きな要因だと思います。

リスクは必ずしも悪いものではありません。怖がらずにきちんと向き合い、理解すれば私たちの武器にもなりえるのです。特に、お金がないうち、若いうちは適切なリスクをとらないと、与えられた以上の暮らしを手に入れることは難しいです。

 

とは言うものの、投資は資産があればあるほど有利です。これは、資産を増やしながら投資を続けてきたことでより強く実感しています。資産=手札が多いってそれだけで大きな武器になります。

 

私は、生まれながらのお金持ちではありませんので、仕事を続けることで投資の元手を増やしていきます。そして、リスクを取り、お金に一緒に働いてもらうことで、より自分にとって有利な環境を作っていこうと思いますっ!

 

ではではー

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。