投資雑記

【基本方針】絶対損しない投資方法?それ“投資”じゃないよね?

投資、リターン、リスク、ブレ幅

絶対に投資で損をさせません」と述べる勢力が出現しました。もし読者様の中で「絶対損をしない投資がある」と思っているなら“投資”をしない方がいいです。

投資”と“リスク(不確実性)”を切り離すことはできませんし、「絶対損をしない投資」、「絶対に儲かる投資」はもはや投資ではありません。

絶対損をしない投資なんてない

・投資家はリスク(不確実性)を抑え、リターン(収益)の最大化を目指すことはできる

・投資の元本って一生懸命働いて稼いだお金なんだから大切に扱いたいよね?

元本割れの可能性を一切許容しない方に伝えるべきは「絶対損をしない投資(手法?)」ではなく、「投資の意味(意義)

⇒それでも理解してもらえなかったら勧誘しない方がお互いのためになると思うよ?

・投資をしない生き方もありじゃない?

・投資をするなら、きちんと“投資とリスク”を理解したほうが“幸せ”になれるよ

こんにちは、投資大好き会社員のuni.です。

私は、投資をしたほうが自分が幸せになれると思っているから投資をしています。あと、投資をしているといろいろな情報が入ってきて新鮮ですし、投資そのものが楽しさを感じておます。当ブログも、多くの方々に“投資の魅力”を知っていただくことで、読んでくださった方、そして私自身もより幸せになれればいいな、と考え始めました。

 

基本的に、生き方や考え方は、人それぞれあっていいと思いますし、それに間違いなんてないと考えています。自分が最も楽しく幸せになる方法(もちろん、周りに迷惑をかけず、周りも幸せにする方法)の追及すべくみんな試行錯誤しながら日々の生活を送っています。

 

そんななかで、ちょっと見過ごせない出来事がありました。

「絶対に投資で損をさせません」と述べる勢力が出現したのです。「絶対に損をさせません」って詐欺師が言うなら気にしないのですが、本気で発信者がそう思っているなら問題がありますね。

uni.
uni.
(まぁ、このブログ自体2018年6月始動なので新興勢力なんですけどね)

 

投資とリスク(不確実性)は切り離せない

投資とは・・・

将来の収益増加の期待から生産能力を増加させること。また広義には収益を期待して資金を支出することもいう。

(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

①生産能力の向上を期待した資金の支出・・・設備投資

②収益を期待した資金の支出・・・証券投資など(株や投資信託etc…)

基本的に私たち個人投資家にとっての投資は②です。どちらにせよ、将来は不確かなものですから、期待されるリターン(収益)に対してリスク(予想収益とのブレ)が発生します。

基本的に期待される収益が大きくなればなるほどブレ幅は大きくなります。

投資、リターン、リスク、ブレ幅

(画像出典:アセットマネジメントone)

uni.
uni.
投資以外の場面でもハイリスクハイリターンとかローリスクローリターンとか言いますよね?

 

自分自身が投資をするうえで、絶対に損をするつもりはないと考えて投資をすることを否定するつもりはありません。そもそも人間の考え方的に自分の将来のイメージは楽観的に考える傾向がありますしね。

uni.
uni.
そうじゃないと楽しくやっていけないよね?

ですが、投資をしたことがない方に投資を進める上で「絶対に損をしない投資」があるというのは間違っていると思います。

投資を人にすすめるなら、“リスク(不確実性)”については神経質過ぎるくらい説明するべきです。もしそれで“リスクの存在”について納得してもらえなかったのであれば、それ以上勧誘すべきではありません。

uni.
uni.
“リスク”の存在を隠してまで相手を投資の世界に引きずり込んだとしても、お互いのためにならないとは思いませんか?

仮に、そのまま相手がよく分からないまま投資を始めたとしても、最終的に相手の資産が増えたのであれば問題は表面化しません。

パンダさん
パンダさん
なんかよく分からないけど、お金が増えたから美味しいもの食べよー

このパターンだけなら、不幸になった人は生まれていないのでいいでしょう。

 

でも、絶対に損をさせないなんてどうして言えるのでしょうか?

ラッコさん
ラッコさん

国債なら元本保証されるよー

というならまだ分かります。

厳密には国債も元本割れの可能性があります。また、物価等の要因も入れた相対的な価値の話は長くなるのでしませんが、仮に物価が変わらない状況下でも国債で損失を出すことは起こりえます。

 

投資信託(ETF)等に投資をすれば、絶対に損をしないというのは非常に問題がある

長期、分散投資をすれば損失の可能性を極めて小さくすることは可能です。

保有期間と損失、資産運用、投資

(画像出典:SMBC)

確かに過去のデータ上は、きちんと分散投資を行い長期保有していた場合損失の可能性はゼロになります。

ですが、それはあくまで過去のデータの基づいた発言ですし、将来を絶対的に予想することなんてできません

経済は基本的に成長し続けていますが、その途中で株価等は何度も大きく下落しています。

株価、資産運用、投資

(画像出典:SMBC日興証券)

確かに、経済が成長し続ける限り、分散投資できるETF等を永遠と持ち続けていれば損をすることはないはずです。

ですが、本当に損をしないタイミングまで持ち続けられるかなんてわからないですよね?

一度暴落に巻き込まれたまま、生きている間に二度と浮上することはないかもしれません。

資本主義などの経済体制そのものが変わるかもしれませんよね?

 

また、私が特に重要だと考えるのは、将来的な市場の変化よりも、将来的な投資家自身の生活環境や精神面の変化です。

結婚や転職、病気など将来的に生活環境が一変する出来事は数多くあります。その際に現在行っている投資が継続できる保証はありません

どうしても現預金が必要になり、保有している投資信託を売らなくてはいけなくなることもあるでしょう。

また、リーマンショックなどの世界的な暴落時によって大きな含み損を抱えた際に精神的に耐えられるかという問題もあります。

売らずに持ち続ければいつか報われるはずだと頭ではわかっていても、実際に含み損を抱ええるのは辛いです。

uni.
uni.
しかも、暴落している際って、TVもネットもネガティブな意見にあふれるんですよねー。必要以上に不安をあおられますし

精神的な許容度は人によって異なります。収入の差など金銭的な影響もあります。

uni.
uni.
本当に誰でもできる絶対に損しない投資なんて私は知りません。

 

仮に、投資とリスクについてあらかじめきちんと理解していれば、心の準備ができます。

必要い以上に精神的にボロボロにならなくて済みますし、持ち続けなければいけない場面で、心が折れずに持ち続けられる可能性が高まります。

保有し続けることは最終的なリターンの向上にいい影響を与えてくれるでしょう。

また、投資やリスクについて理解できれば、現状をきちんと見つめ、自分自身に最も合った投資方法を選べる可能性が高まります。

uni.
uni.
どのくらいリスクを取っても大丈夫なのかは一人一人違いますからねー

まとめ:誰かに投資をすすめたいならきちんとリスクの説明をしよう

投資をしたほうが金銭面や経験、知識などの面でに豊かになれるということには賛成です。

冒頭でも述べたようにこのブログを始めてきっかけも、多くの方に投資の魅力を知ってもらい、読者さんと私自身(+経済全体)が幸せになることになります。

でも、相手に本当に投資を通じて幸せになってもらうのであれば、投資の意味やリスク、投資対象などについてきちんと理解してもらうべきだと思います。

それでだめなら、投資とは違う方法をすすめましょう。

uni.
uni.
別に投資なんてしなくても生きていけますからねー 。投資はあくまで人生のスパイスです。

・投資をしたほうが幸せになれる可能性は高い

・でも絶対に幸せになれるなんて言わないよ

・本当に相手のことを思って投資を進めるなら、きちんと意味やリスクを提示し説明しよう⇒相手にすすめる際は憶病すぎるくらい慎重に

・あらかじめリスクについてきちんと理解していたほうが、精神的にも優しいし、投資のリターンも向上するよ

・善意から相手に投資を勧めたいと思えるなら、自分の投資経験や感じたことなども踏まえ、分かりやすく説明できるはず。(みんな最初は初心者)

・投資をしない生き方もOK!!

おそらく当ブログを読んでくださる方の中で、他の誰かに投資を勧めたいと考えている方がいたとしたら、すでに相応の経験や知識を持っている方でしょう。私より詳しいと思います。

投資はなるべく早めに初めて、投資期間を確保した方が有利です。

uni.
uni.
でも、別に今日、明日ですぐに始めなくても問題はありませんよね?

是非ともきちんとリスクについて説明したうえで勧誘してください。説明しても一切陸巣を許容できないという方には、リスクがある投資を無理やりさせる必要はありません。

仮に損失が出なかったとしてもわだかまりが残ります。

uni.
uni.
親切心で行ったとしてもお互いに不快になったら意味がありませんよね?

 

投資を誰かにすすめることで、相手も自分も幸せになりたいのなら、臆病すぎるくらい慎重に説明を行いましょう!

投資の元本は、一生懸命に働いて稼いだお給料です。

uni.
uni.
苦労して稼いだ大切なお金だから、使ったり投資する際も大切に扱いましょう!

 

いつもお読みいただきありがとうございます!

ではでは、また明日ー

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。