投資のヒント

【NISAと下落相場】非課税枠を再利用できないが故の葛藤

NISAのロールオーバーの仕組みを解説、投資、資産運用

NISA(少額投資非課税制度)は、税負担を軽減するという最大のメリットがある一方でデメリットもいくつか存在します。損益通算が出来なかったり、非課税期間終了後に損失が出ていた場合、税負担がかえって重くなる可能性があるといったことが有名です。

実はこの他に、精神的な要素としてもデメリットが存在します。

・NISAの非課税投資枠は年間120万円

・非課税枠を最大限生かすなら、毎年120万円の枠を使い切るように追加投資をする(5年間)

・一度使った非課税投資枠は、株式や投信を売却しても再利用できない

・株式や投資信託は、長期保有した方が値上がりを期待できることが多い

必ずしも5年後に株や投信が最高値になるとは限らない

こんにちは、NISA愛好家のuni.です。

NISAの枠を使って何を買おうか、どうやって使い投資の資金を捻出するか、お悩みの方も多いと思います。

今日は、NISAの枠を使って投資をする際に気をつけてほしいことについておはなしします。

 

NISA(少額投資非課税制度)の投資枠は年間120万円

NISAの非課税投資枠年間120万円、最大5年分の計600万円です。

毎年(5年間)120万円分までNISAを用いて追加投資した株式や投資信託については、非課税期間(枠をもらってから5年以内)中に売却しても利益にかかる税金が免除されます。

uni.
uni.
厳密にいえば税金がかからなくなる制度というより、取得単価がNISA枠終了時の時価によって再計算される制度って感じですが、今回は重要じゃないので無視して構いません

5年経過時に新しい非課税投資枠で新規に買い付けするのではなく、すでにNISAの枠で保有していた株式等を新しい枠に移し替える(ロールオーバーする)こともできます。そうすることでより長期的な視点での投資が可能になります。

NISAのロールオーバーの仕組みを解説、投資、資産運用

(出典:金融庁)

毎年120万年ずつ非課税投資枠をもらえますが、仮に、使い切れなかったとしても、その枠を翌年に繰り越して使うことはできません。

2018年の利用枠が60万円分だけだったとしても、

2019年のNISA枠は120万円+(120万円-60万円)=180万円

とはなりません。

つまり、非課税枠を目一杯活用することだけを考えるのであれば、毎年120万円の枠を使い切るように追加投資、もしくはNISAを使わずに保有していた株式や投資信託をいったん売却して、NISAを用いて購入しなおす必要があります。

 

NISAの非課税投資枠は再利用できない

NISAの非課税投資枠は再利用できません

例えば、2018年7月にボーナスで30万円分投資信託を買ったとします。その年のNISAの枠を一切使っていなかったとすれば、残りの非課税投資枠は

120万円-30万円=90万円です。

 

8月に気が変わり、投資信託30万円分をすべて売却したとします。

この場合、すでに使った30万円分の非課税投資枠は、投資信託を売却したとしても再度利用することはできません。

その年の残りの非課税投資枠は90万円のままです。

翌年になれば、利用額に関係なく120万円の非課税投資枠がもらえます。

 

つまり、その後、全力で非課税投資枠を利用したいと思っても、2018年の非課税投資枠は90万円分しか使うことができません。

最終的に120万円分投資しようと思っても、残り30万円分はNISAを用いずに購入する必要がありますので、利益に対して税金がかかります。

 

短期間で売買した際の利益についても、非課税投資枠は適用されますが、NISAを用いた投資は非課税期間を目いっぱい使うことを意識した中長期投資の方がおすすめです。

短期間で、一気に増やす事は不可能ではありませんが、なかなか狙ってできることではありませんし、損失の可能性も高くなります。

NISAを用いるのは利益が出る可能性が高いものにした方が非課税投資枠を無駄にせずに済みます。

uni.
uni.
短期間で一発狙うなら、特定口座でも十分です。

 

NISAと下落相場:非課税投資枠を再利用できないが故の葛藤

ようやく今回の本題です。

株式投資も投資信託も基本的には長期投資をすることで市場の成長の力を享受することができ、勝率が高まるといわれています。

uni.
uni.
過去のデータ上、経済は大不況も乗り越えて成長し続けていますからね。
投資、資産運用、リターン

(出典:日興アセットマネジメント)

ただし、(特に株式投資の場合)時には思い切って売却することも重要です。

市場に絶対はありませんので、下落したままに度と価格が回復しない可能性はゼロではありません。

市場全体、経済全体としては成長し続ける可能性が高いですが、株式投資の場合、一社、一社に投資をします。景気が良くても倒産する会社はありますし、もっと良い企業が出てきて、シェアや利益を奪われる可能性もありますよね?

そうした場合、持ち続けていても価格がどんどん下がり、損失が拡大しますで思い切って売却してしまうことが必要です。

 

ただし、先ほど述べたように、NISAでA会社の株式を買っていた場合、A社の株式を売却しても非課税投資枠を再利用することはできません

非課税投資枠を使い倒すことを考えるのであれば、売却しない方がいいはずです。

それに、A社の株式は一時的に下がっただけで、今後上がり続けるかもしれません

 

普通に投資をする際は、A社の業績や経済のことだけを考えればいいのですが、NISAを用いて投資をしている場合、非課税枠を最大限利用するためにはどうすればいいのかといったことも考えてしまいます。

uni.
uni.
“二兎追う者は一兎も得ず”といいますが、二兎得られるなら一番良いよね

これは、一種の思考の足枷なのかもしれません。

NISAの非課税投資枠のことを考えるあまり、正常な判断ができず利益が減ったり損失が拡大してしまっては本末転倒です。

 

人間は誰しもが欲望を持っていますし、実際に決断を迫られる際にはいろいろ考えてしまい必ずしも冷静な判断ができるとは限りません

 

NISAを使って買うものは、安定した成長が期待できるものがおすすめ

景気が悪い時や、株価が暴落しているときに冷静な判断をすることなんて、簡単にできることではありません

uni.
uni.
私はできない

というわけで・・・

uni.
uni.
正常な判断ができないのであれば、判断をしなければいいんじゃない?(暴論)

 

投資をする前なら、比較的冷静な判断ができますよね?

出来る限り安定した成長ができるもの、自分が信じられる商品や応援したい企業を探してみましょう。

必ず成長してくれる保証はありませんが、非課税投資期間中に急に売却しなければいけなくなる可能性を減らしてしまえば、悩んだり、苦しい判断をする必要が無くなりますよね?

 

uni.のNISA活用方法:株式投資のやり方など

私は、NISAを用いて株式を購入しています。購入する際の条件は、

 

  • 潰れそうにない企業
  • 企業そのものだけでなく市場そのものも成長するもの
  • 自分が応援したいと思える企業(自分たちの生活をより豊かにしてくれそうなもの)

 

基本的にはこんな感じです。

実際に買っている銘柄は、AmazonとかGoogleみたいな企業が多いです。

uni.
uni.
生活になくてはならない企業は潰れにくいし、代わりがいない企業は儲かる(価格競争が発生しないので利益率が高い)

かなり、単純な考え方ですが、意外と効果的だと思います。

実際に、皆さんが投資をする際は、自分自身の基準やルールを考えてから投資をしてみてください。

きちんと自分で、ルールを決めた方が、景気が悪くなった際も対処がしやすくなりますし、何より楽しく、自分が成長できます!

 

uni.
uni.
大きく一発狙うもの楽しいけど、コツコツ着実に資産が増やすのも楽しいよ

 

まとめ:NISAは資産形成の強い味方だからこそ、きちんと使いこなそう!

NISAやつみたてNISAは資産形成や資産運用をしたいのであれば、使った方がいいです。

一切デメリットがないというわけではありませんが、それを補って余るだけのメリットがあります。

税金がかからなかった分の利益も、将来的に投資の元本となり、私たちのために働いてくれます。

 

uni.
uni.
税金が控除された分は思い切って、好きなことに使っちゃうのもありだと思います。

NISAを利用していなければ手に入らなかったお金ですので、その分、自由に使い方を決めるのもいいんじゃないでしょうか?

判断は出来る限り冷静に考えられるときにしよう

NISAを最大限生かせる投資方法を選ぼう

・資産形成の基本は長期投資

・時には思い切って売ってしまうことも大切

・非課税分の利益を再投資すれば、より大きな利益が手に入るよ

・非課税分の利益は投資せずに好きなことに使ってもいいんじゃない

投資に正解はありません。

自分自身で試行錯誤しながら、いろいろ考えて投資をするとたくさん学べることがります。そして、資産が増えるだけでなく、経験は私たちを成長させてくれますし、きっと私生活にもいい影響が出ますよ。

ただし、投資は楽しく、無理のない範囲で行うことが大切です。

そして、投資もお金を増やすことも、あくまで幸せになるための手段にすぎません。

uni.
uni.
使うときはしっかりお金を使って楽しみましょう!

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

ではでは、また明日っ!

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。