資産状況

【運用状況】2018年7月29日時点:決算ウィーク!日銀政策会合!いろいろ被弾

ポートフォリオ、資産運用、公開、運用状況、米国株

日銀政策会合では、国債の金利に関する発言が注目を集めましたね。企業の決算発表も本格化し、当ファンドの主力銘柄も金曜日の12時に決算発表を行いました!資産状況がどう変化したのかご報告申し上げます。

日銀政策会合:国債金利変動を容認へ(0.2%以下)

・発表を受け、国債金利は一年半ぶりにの高値水準0.1%台へ

低金利政策は今後も当分続く見通し

米中貿易摩擦問題再燃

・米国の自動車関税問題も再燃

・当ファンドの主力銘柄フィックスターズ決算発表

こんにちは、ドキドキの一週間を過ごしていたuni.です。

uni.
uni.
いやー、先週は経済イベントが多すぎました。

おかげさまで楽しく過ごさせていただきましたが、私のポートフォリオも先週と比べ結構変動いたしました。

それでは、備忘録的な意味合いもかねて資産状況を公開したいと思います。

 

資産総額937万円:先週比▲30万円、米国株の値下がり分は織り込み済み、主力も下がちゃった

前回の資産状況発表の時は、直前で米国株が決算後暴落した部分が反映されていませんでした。

あわせて読みたい
資産公開、株式、資産運用、ポートフォリオ
【運用状況】2018年7月29日時点、順調なようだけど実は・・・保有している主力銘柄が順調に値上がりしてくれたおかげで表面上は順調に資産が増えています。ですが、またまた米国株が被弾しました。しかも2銘...

今回はその分も反映されているので、資産の減少額が大きくなっています(´・ω・`)

ポートフォリオ、資産運用、公開、運用状況、米国株

相変わらず、株式しかないポートフォリオとなっています。

uni.
uni.
うちの場合、資産額の減少も増加も、だいたい株価が値上がりしたかどうかで決まってますね。

※普段はあまり現金を使わずに、クレジットカードを使って生活をしています。

 

それでは少しだけ、経済イベントについてみていきましょうか。

日銀政策会合:国債金利への言及

日銀政策会合の内容は概ね、市場の予想通りの内容でした。

●政策金利のフォワードガイダンス導入により物価安定目標へのコミットメントを強め、現行の政策の持続性を強化する措置を決定。

 

1)政策金利のフォワードガイダンス

2019年10月の消費税率引き上げの影響を含めた経済・物価の不確実性を踏まえ、当分の間、現在のきわめて低い長短金利水準を維持することを想定

2)長期金利操作(イールドカーブ・コントロール)(賛成7反対2)

次回金融政策決定会合までの市場調節方針は

─短期金利:マイナス0.1%の金利適用を維持。

長期金利:10年金利ゼロ%程度での推移を維持。ただし経済物価情勢に応じて上下にある程度変動しうるものとする

保有残高は年間約80兆円をめどとしつつ、弾力的な買入れ実施。

             (中略)

2)ETF銘柄別買入額見直し

TOPIX連動の買入額を拡大。8月6日から、以下の配分に従って実施。

3指数(TOPIX、日経225、JPX日経400)連動を3兆円から1.5兆円に。

TOPIX連動ETFを2.7兆円から4.2兆円に

(引用元:ロイター 情報BOX:日銀が決定した金融政策の変更点)

国債金利が多少上方向へ変動することが容認されました。

機関投資家たちは日銀を試すかのように金利を上げるような取引を行ったようで、一年半ぶりに国債金利は0.1%台に到達しました。

この影響で、世界中の金利が上昇しまし、米国債は3%を超えましたし、ドイツの国債の利回りも上がりました。

uni.
uni.
日本の低金利政策って意外と影響力合ったんですねー

ちなみに、ずっと金利が0.05%(最下限)だった個人向け変動国債10年の金利も0.09%になったりしてましたね。

 

米中貿易摩擦激化、自動車関税引き上げ問題

これに関しては、もうトランプ大統領のお考え次第なのでどうしようもありませんね。

中間選挙もありますので、経済に壊滅的なダメージを与えるようなことはできないはずですがどうなるんでしょうか・・・。

国内の労働者の不満を解消し、強い大統領を見せつけ、支持率を高める

ただし、経済への悪影響は抑える

このバランスが難しいと思います。株価はやや下落気味の場面が見受けられました。

 

悲観的なってもどうしようもありませんので、貿易摩擦問題に関する影響が少なそうなところへの投資を継続しようと思います。

私のポートフォリオ内の米国株は基本的に貿易摩擦によって直接的な影響を受けにくいものを買っているつもりです。たぶん大丈夫?

 

Googleは貿易関係ありませんし、NVIDIAはPC等の部品を作っていますが、最先端系でなおかつIT社会で欠かすことのできない部品なので、報復関税をかけて買えなくなるとかえって困るのは中国なんですよね。

実際に、スマホ関係で米国が中国に対して部品の輸出の差し止めをした事例もありましたが、中国の企業的には大ダメージでした。

結局、最先端の部品を作れない国は、米国企業から部品を売ってもらわないと現代社会を構成するスマホやPC等々を作ることができなくなっちゃうんですよね・・・

マネできる製品と、マネできない製品があります。

uni.
uni.
やっぱり、最先端技術を掌握しているって強い・・・・。
uni.
uni.
詳しくは「中国スマホ大手ZET 制裁」で検索してね

【時価評価額】株式総額は910万円弱、決算等の影響を被弾

毎週何かしら被弾している気がしますが、今週は国内株の決算の影響を被弾しております。

先週未反映だった、米国株の下落分も反映されました。

ポートフォリオ、資産運用、公開、運用状況、米国株

主力銘柄、フィックスターズの決算発表がありました。

https://kabutan.jp/news/?b=k201808030011

決算発表は12時に行われ、その後株価は大きく下げました。

ポートフォリオ、資産運用、公開、運用状況、米国株

(出典:Yahoo!ファイナンス)

uni.
uni.
決算内容的にそんなに下げると思っていなかったので、結構焦りました(汗)

内容は悪くないのですが、市場の期待が大きかったといった感じですかね。

100万株空売りしている機関投資家さんもいますし、信用買いの残高も大きくなっていましたのでその調整など、いろいろな要因があるかとは思います。

とりあえず、会社の営業活動そのものは堅調に推移していますので、このまま継続保有で生きたいと思います。

 

【評価損益】各銘柄の含み益と含み損

評価損益ごとに並べたものが以下の画像です。

ポートフォリオ、資産運用、公開、運用状況、米国株

前回と比べて大きな変化はありませんね。全体的に利益が減少し、損失が拡大しています。

今回も投資方針に影響を与えるような損益状況の変化はありませんでした。

 

まとめ:米国株の下落分を織り込む、今週も米中貿易摩擦問題や決算などイベントが多いよ

今週も相変わらず被弾しまくっております。

ラッコさん
ラッコさん
よく退場しないで済むね
uni.
uni.
大丈夫、かすり傷だ(吐血)

そのうち公表予定ですが、今年に入ってからの収支はまだまだ余裕がありますので、結構落ち着いて眺めています。

uni.
uni.
2~4月の方がヤバかったしね(汗)

・経済イベントが多く、市場は変動が大きめ

・貿易摩擦問題など懸念材料も

・景気自体は強いとも弱いとも言えない状況

金曜日の米国雇用統計は少しネガティブな数字でしたが、利上げの見通しに変化はないようでしたね。

今週も決算等々が続きますので、無理のない範囲で投資をお楽しみください

 

uni.
uni.
また、夏の暑い日が続いております。どうかお体には気を付けてお過ごしくださいませ

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

ではでは、また明日っ!

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。