私と投資

【運用状況】米国株と日本株の急落を受け、削られるポートフォリオ(2018年10月13日時点)

米国株、アメリカ株、NYダウ、暴落、下落、業績、株式投資、資産運用、ポートフォリオ、資産公開

10日の米国株は米国金利の上昇を受け、大幅に下落しました。それを受け、11日の日経平均株価は一時1000円以上の下落をするなど、世界的にリスク回避の動き(株価下落)が鮮明になりました。久しぶりに世界の株式市場が全面安となる下落を受けて、株式全力投資中のポートフォリオがどうなったのかご覧ください。

米国株や日本株の動きなど・・・

NYダウ:10日▲831.83ドル、11日▲545.91ドルの大幅下落

日経平均株価:11日▲915.18円(一時1047円安)の大幅下落

・為替相場は、やや円高ドル安(1円程度)になるも比較的落ち着いた動き

・中国株は先週に引き続き値を下げる展開:米中貿易摩擦、リスクオフ

・新興国は依然厳しい環境:米国金利の上昇、リスクオフ

 

uni.のポートフォリオと対応

・株安の流れがポートフォリオを直撃するも、売却せずに保有継続

・余剰資金をドルに転換し、追加投資➡今年のNISA枠を使い切る

 

こんにちは、米国株と日本株、中国株の下落を受け、資産が大きく削られたuni.です。

uni.
uni.
痛い・・・

 

上手に売却したり、回転売買ができたら良かったのでしょうが、あの急落には対応できませんでした。

投資方針的にも売却条件に合致しませんしね。

今回の株安の流れによって、

短期的には大きく資産を減らす結果となっておりますが、

長期的に見た場合、絶好の買い場であると感じましたので、追加投資に踏み切りました。

 

なぜ、そのような判断に至ったのか、そして私の投資方針がいかにリスクが高いのかポートフォリオの減少具合と合わせてご覧ください。

 

米国初の株安が世界中の株式市場に波及!!
株式は全面安の展開に

10日の米国株式市場では、NYダウが前日比▲831.83ドルの25,598.74ドルとなるなど、過去3番目の下落幅を記録しました。

それを受け、11日の日経平均株価は一時、前日比▲1047円、最終的には▲915.18円の22,590.86円となりました。

 

中国や新興国の株式市場は先週までの動きに続いて値を下げる展開となりましたし、他の先進国の株式市場もリスクオフの動きが鮮明となりました。

短期的には世界的な株安となりました。

 

今回の米国株の下落は暴落なの?

結論から申し上げると、今回の米国株の下落は暴落ではありません

 

下落額は、過去3番目に大きさになっていますが、

下落率で見ると▲3.15%と、常識の範囲内の下落幅に収まっています。

 

ちなみに、

今年の2月5日のNYダウの下落は、▲1,175ドル、▲4.6%

リーマンショック時は、▲7%前後の下落が何度もありましたし、

過去最大の下落率を記録したブラックマンデー、1987年10月19日の下落率は▲22.6%となっています。

 

下落幅だけを見れば過去3番目の下落ですが、下落率をみると歴史に埋もれる程度の下落となっています。

 

なぜなら、絶好調である米国企業の業績を反映し過去最高値を更新し続け、26,000ドル代という水準にあったからです。

米国株、アメリカ株、NYダウ、暴落、下落、業績、株式投資、資産運用

(画像出典:Yahoo!ファイナンス)

 

uni.
uni.
株価の数字が大きくなっているのですから、同じ3%でも下落額は大きくなりますよね?

 

なぜ、米国株は下落したの?ヤバいの?

ところで、なぜ米国株は大きく値を下げたのでしょうか?

 

①米国金利の上昇:企業の資金調達コストの上昇

②米中貿易摩擦:企業の営業活動を妨げる

③米国原油価格の下落:シェールガス産業も含め、米国には多くのエネルギー資源系企業が存在する。それらの企業にとって原油安は業績悪化要因

④最近の株価が高くなっていた:利益確定売り、投資家のリスクオフ姿勢

 

いろいろな原因があげられますが、どれも後付け感が強く、

パンダさん
パンダさん
これこそ米国株が下落した原因だ!

と言うには説得力に欠けます。

 

どれもカ月も前から話題になっていましたよね?

 

つまり、下落する直前に何か大きな動きがあったというわけではないのです。

あえて上記の中から理由を挙げるなら、米国金利が市場の予想以上のペースで上昇しているといったところでしょうか?

下げが下げを呼んだ、下げたいから下げた(最近の株価上昇に対する調整)と感じる動きです。

 

いずれにせよ、米国株が大きく下落したのは事実です。

それは世界中の投資家に影響を与え、日本株をはじめ世界中の株価が下落する結果となりました。

 

株価の下落が、さらなる株価の下落を呼んだ形になりましたが、目下の企業業績は決算をみてもかなり堅調です。また、米国雇用統計など経済指標を見ても景気が悪いとは言えない状況ですね。

 

ただし、金利の上昇は企業が設備投資を行うための資金を集める際に負担すべき利息等の負担が大きくなる原因となります。

そのため、今後ガンガン投資をして成長していくことを期待されていたハイテク銘柄、成長銘柄にとっては懸念材料になりますね。

 

厳密には資金調達コストだけでなく、成長株に投資をした場合のリスクとリターン債券のリスクとリターンと比較した場合の魅力度が下がったという点も上がられるかと思いますが長くなるので今回は触れません。

 

uni.
uni.
私はまだまだ成長株の方が魅力的に感じますが・・・

 

為替相場がそれほど大きく円高方向に動かない理由

為替もドル安円高の動きとなり、1円程度円高に進みました。

為替が円高になるは、リスクオフ場面でよくみられる光景です。

 

でも、米国金利が上がっているなら金利が低い日本国債より金利の高い米国債の方がより魅力的になりますよね?

つまり、長期的にはドル高要因となります。

 

そのため、株価ほど大きく円高方向には触れなかったものと考えられます。

uni.
uni.
実際、多少円安方向に戻していますしね

また、10月は多くの企業にとって下半期のスタートとなります。保険会社等にとっては、新たな資金を米国債等で運用するために円を売ってドルを買うことが多くなる時期でもありますね。

 

uni.
uni.
さて、言い訳や前置きは程ほどにして現在の資産状況を公開しますね。

 

【資産総額916万円】株式評価額が100万円程度消滅

現在の資産構成はこんな感じです。

米国株、アメリカ株、NYダウ、暴落、下落、業績、株式投資、資産運用、ポートフォリオ、資産公開

(まだ米国株を30万円程度、追加購入した分が反映されていません。実際には現金が▲30万円、株式が+30万円となっています。現預金が1%を切りそうですね。)

 

ラッコさん
ラッコさん
資産総額が1000万円を超えました!
喜んでたけど、だいぶ減ったね
あわせて読みたい
ポートフォリオ、資産運用、公開、運用状況、米国株、国内株
【運用状況】2018年9月23日時点 23歳で資産1000万円突破したよ3年前、大学生の頃にバイトで作った100万を元手に投資を始め、23歳にして資産1000万円を突破することができました。投資の道に導いてく...
uni.
uni.
株式の時価評価額が▲90万円になりました

 

下落率で考えると▲10%といったところでしょうか?

日経平均株価の高値からの下落率が▲9.2%ですので、値幅の大きい銘柄に投資をしていることを考えると許容の範囲内ではあります。

 

ちなみに、今年に入ってからの株式運用益(含み益)も100万円を切りました。

つらい。。。

お給料数ケ月分の減少ですので精神的にノーダメージとはいきませんよね。

 

【株式時価評価額】保有株式の内訳とパフォーマンス

追加投資前の株式保有助教は以下の通りです。

米国株だけで前日比▲20万円になっていますし、赤字(含み損)が増えてきていますね。

米国株、アメリカ株、NYダウ、暴落、下落、業績、株式投資、資産運用、ポートフォリオ、資産公開

前回と比較すると米国株が▲30万円日本株が▲60万円といった具合になっています。

米国株と日本株の保有比率は1:2程度ですので、それぞれが同程度減少した感じです。

 

今回の下落は、保有銘柄の業績が悪化したというわけではなく、市場環境によるものですので、売却は行いませんでした。

 

日本株に関しては米国株が大幅下落した時点で、いったんすべて売り注文を出してもよかったのかもしれませんが、買い戻しができなくなりそうでしたので何もせずに静観しました。

uni.
uni.
大学生の頃なら喜々としてデイトレ―ドをやっていたと思いますが、仕事をしながらは無理ですね。

 

今回の株価急落に関しては、下落の原因がはっきりしませんでしたし、情報不足の状態で回転売買は大けがをする可能性が高いです。

uni.
uni.
こういうときに上手にトレードができる方がうらやましい

 

含み益が大きく減少したり、マイナスに転落した銘柄が多くなりましたが、特に悲観はしていません。

株価の根幹である企業業績は問題ありませんし、長期的に利益が育ってくれればOKです。

来週以降も下がるかもしれませんけどね。

 

【株式評価損益】現在の業績や今後の成長性は大切ですね

どの銘柄も損益状況を悪化させている一方で、ある程度明暗がはっきりした展開でもありました。

米国株、アメリカ株、NYダウ、暴落、下落、業績、株式投資、資産運用、ポートフォリオ、資産公開

 

堅調な成長が決算に表れたイオンは今年に入ってかなり株価を上げていますし、下落相場でも底堅い動きをしますね。

もともと小売企業ですので株価変動は小さめなのですが、業績の裏付けがあると保有するうえで安心感がありますね。

 

一方で、決算が振るわなかったNetflixや、疑惑の多いFacebook、米中貿易摩擦問題に悩まされる中国株の代表アリババの株価は厳しい状況にあります。

 

将来性が不透明な銘柄は、下落相場で投資家に対して大きな不安感を与えます

また、近年株価を急激に上げ割高感が強い成長銘柄も売りが入りやすいですね。

 

Amazonも大きく株価を下げましたが、業績は絶好調ですので、金曜日は大きく反発しました。

 

現在の私の投資方針は売買回数を減らして長期保有を行うことが前提となっていますので、着実に成長することが予想される銘柄を増やしていきたいと思います。

uni.
uni.
精神的な安定も大事

 

下落を意識した投資の重要性を再確認しつつ、追加投資を敢行

世界的に株価が下落した結果、私のポートフォリオは大きく削られました。

 

しかし、特に売却をする必要性を感じませんでしたので、余剰資金を使いさらなる追加投資を行うことにしました。

uni.
uni.
下落していると買いたくなるよね?
ラッコさん
ラッコさん
みんなが売ってるから下落してるんだよ・・・

 

今年のNISA枠が30万円分残っていましたので、その分米国株を購入しました。(詳しくは途記事にします)

 

まだまだ株式市場における不安要素がなくなったわけではありません

しかし、今後数十年に渡って株式というよりも企業そのものに投資をするのであれば、今回の“株式市場”の急落は絶好の買い場であると感じました。

“企業の価値”そのものが下がったわけではないのですから。

 

もちろん、金利の上昇や貿易摩擦門田によって企業の成長性に陰りが出る可能性は十分にあります。

そのうえで、成長すると思うところに投資をすること、つまり投資対象を選ぶことが重要です。

uni.
uni.
選べなかったときは、市場全体や経済全体に投資(インデックス投資)をするのが手堅いですよね

 

まとめ:下落相場に備えてルールを作ろう!下落時こそ落ち着こう!

下落時に大切なのは、株や投資信託を売るか売らないかの判断を行うことです。

 

しかし、実際に下落している状況になってから考えるのは難しいです。

精神的に安定しているときに、しっかり時間をかけて自分の考えをまとめておけば、いざという時に適切な対応ができます

 

 

uni.
uni.

私の場合、株式を売る条件は、

①期待を裏切られたら

基本的にこれだけです。

ラッコさん
ラッコさん
少なすぎない?
uni.
uni.
分かりやすいのも大事(細かく書くと長くなるので・・・)

 

そして、暴落時にきちんとルールに則った判断ができるように一度深呼吸をして落ち着いてみましょう

動揺したまま、短絡的に判断することは絶対に避けましょう

 

理性的に判断をしたとしても、間違う時には間違いますが、より間違いを減らすため、そして後悔をしないために、自分自身で自信を持てる決断を行える環境を整えましょう!

 

uni.
uni.
でも、株価が下がるとテンション下がるよね

 

投資に100%はないからこそ・・・

・投資は無理のない範囲で行おう:精神的なゆとりを大事に

・下落、暴落にこそ冷静に判断をしよう:落ち着いてから考える

・下落時に備えてあらかじめ準備をしよう:ルール作り

楽しく投資をしよう!!

 

今回の下落によって私の資産は大きく削られました。

uni.
uni.
やはり、ショックですよね。

 

ただし、きちんとルールに則って売却ではなく追加投資という判断を行いました。

これがどういった結果が生むかは分かりませんが、きちんと自分自身の判断で行った投資行動ですので、損失を生むことになったとしても後悔はありません。

ラッコさん
ラッコさん
なに?損したいの?
uni.
uni.
もちろん勝率が高いと思っていますよ?

 

お願い:私の投資方法について・・・

読者様には常々申し上げていますが、私の投資方法はマネしないでください。

なぜなら、私の投資方法は私の資産状況属性等に合わせて最適化されたもの(そう判断したもの)だからです。

はっきり言ってかなりリスキーです。

 

人それぞれ条件が違えば、するべき判断や行動も違いますよね?

 

投資に関する有益な情報については個別記事にて発信していきます。

uni.
uni.
自分にとって最高の投資ができるように、一緒に勉強していきましょう!

 

今後も、資産が減少した場面でも包み隠さず公表していきたいと思います。

どのような結末をたどるのか、是非ともエンターテイメント感覚でお楽しみください。

uni.
uni.
私は私の資産だからこそ、全力で取り組みます!

後悔するつもりはありませんし、幸せをつかみ取るべく頑張りますので、応援していただけるとありがたいです。

 

何はともあれ、当ブログが投資に興味をもつきっかけに一つにでもなってくれれば嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

またねっ!

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。