私と投資

【資産公開】米国株と国内株、株価急落によって溶けるポートフォリオ 2018年10月末時点

ポートフォリオ、資産運用、資産公開、運用状況、米国株、国内株、株式投資、インデックス投資家

米国株も国内株も10月に入り、連日の急落によって大きく値を下げました。市場には悲壮感に包まれ、9月までの強気相場から一転し世界的にリスクオフが鮮明となりました。

私のポートフォリオも株安の流れの直撃を受け大きく資産を減らすこととなりました。ここで備忘録かねて資産公開したいと思います。

 

・米国発の世界的な株価下落(リスクオフ)が再び発生

①米中貿易摩擦問題が再燃し、両国の貿易縮小や中国の成長性への疑念

②米国の利上げペースが速まる可能性が高まり、企業の成長スピードが維持できなくなるのではないかという懸念

③世界的な原油国、サウジアラビアにおける政治問題、関係悪化や原油高懸念

11日の米国株は800ドル以上下落、ハイテク株も大きく値を下げる

12日の日経平均株価は一時1000円以上急落

 

日米ともに決算期であり、投資家が手を出しにくい市場環境:買い手不在

日経平均株価の御三家がそれぞれ問題を抱え、株価を押し下げる

外国人投資家の撤退ヘッジファンドの売り仕掛けにより、サポートラインを割り込み、個人投資家のロスカットを巻き込みつつ更なる下落

・英国を中心にデジタル税の導入が決定、ハイテク株の下落に追い打ちをかける

 

NYダウ26,828.39ドル(10月3日)➡24,442.92ドル(10月30日)
 ▲2,385.47ドル、▲8.7%

日経平均株価24,448.07円(10月2日)➡21,149.8円(10月30日)
 ▲3,398.55円、▲13.9%

マザーズ指数(国内新興株):1086.54(9月27日)➡821.32(10月30日)
 ▲265.22、▲24.4%

uni.の資産:10,112,886円(9月30日)➡8,188,274円(10月29日)
 ▲1,924,612円、▲19.0% ※生活費等による増減分を含む

 

こんにちは、年初来リターンがマイナスに転落したuni.です。

uni.
uni.
いやー、下げましたね~

9月末時点で160万円程度あった年初来リターンが▲20万円に転落しました。

個別銘柄の選定が悪かったというわけではなく市場全体の下落ですので、それほど悲観はしていません。

 

でも、ここまで資産が減っちゃうとテンションは下がりますね…

uni.
uni.
ちなみに、今は少し持ち直しています。

11月に入ってからの3日間で、50万円程度とり戻し年初来リターンは+25万円まで回復しました。

11月2日(金)、保有中のサンバイオが寄らずのストップ高になってくれましたし、来週以降も期待が出来そうです。

uni.
uni.
ようやく一息つけそうですね

 

それでは、資産の95%以上を株式、それも値動きの大きい成長株に投資をした場合、世界的な株価急落によってどのような影響を受けるのかご覧ください。

 

米国ハイテク株の成長が減速するという懸念から世界的にリスクオフの流れが加速した10月

10月中旬以降、リスクオフの流れが鮮明になっていました。

あわせて読みたい
米国株、アメリカ株、NYダウ、暴落、下落、業績、株式投資、資産運用、ポートフォリオ、資産公開
【運用状況】米国株と日本株の急落を受け、削られるポートフォリオ(2018年10月13日時点)10日の米国株は米国金利の上昇を受け、大幅に下落しました。それを受け、11日の日経平均株価は一時1000円以上の下落をするなど、世界的に...

 

10月下旬以降、米国企業、日本企業の決算発表が本格化する予定でした。

そのタイミングで、いったん落ち着くかと思っていましたが、米国ハイテク株の決算発表を受けリスクオフの流れは加速

2018年の米国株式市場を引っ張ってきたAmazonを中心にハイテク株が急落

uni.
uni.
AmazonとGoogleに関しては、投資家の期待値が高すぎた感じですね

 

日本の株式市場も連日のように値を下げ、特に個人投資家の比率が高いマザーズ(新興株市場)は暴落ともいえるような値動きを見せていました。

個人投資家が不安感から手を出せない、買えない状況で一方的に売られた展開でした。

 

ちなみに、11月2日に発表された米国雇用統計や、各社の決算発表を見ても、依然として景気は良いと言える内容です。

uni.
uni.
ここ数日は株価が大きく反発していますね

 

実体経済は、好調でも株価が急落した原因は何なのでしょうか?

そういった場面で私たち個人投資家はどのような行動をとるべきなのでしょうか?

 

日本株と米国株が急落した原因は何?

日本株と米国株が急落した原因については、以下ようなものがあげられます。

 

①急成長銘柄が今後も成長性に疑問がもたれた。そもそもの期待が高すぎた

中間選挙前を控えトランプ大統領の発言が過激化する可能性があった

③サウジアラビアの政治問題や米中貿易摩擦など不安要素が多数存在した

④決算期に株価が急落したことで、普段以上に買い手の不在に拍車がかかった

ヘッジファンドが売り仕掛けに成功した場合、値幅を大きくとり、利益を上げられる可能性が高かった

様々な要因や思惑が重なった結果ですね。

空売りで仕掛ける分には非常に楽しい相場だったと思います。

 

株価が大きく下がったけど、景気は悪いの?

2018年10月時点での経済の状況は好調です。

 

今回の株価の急落の原因は、投資家心理によるものが大きいですね。

もともと株価は企業の将来性を織り込んで形成されます。単に決算の結果や企業のニュースリリースを受け止めるだけでなく、投資家の期待や思惑もたくさん入り込んでいます。

 

株価の推移は、企業の成長や業績の悪化に完全に一致するわけではなく、様々な要因によって上下を繰り返します。

企業の成長性に投資をする中長期投資において重要なのは、その企業が本当に将来的に成長してくれるのか見極めることです。

株価を見て売買をするのであれば、その上昇や下落の原因が何なのか考えることが重要です。

デイトレと中長期投資とでは、必要な力や株価に対する考え方が異なりますね。

 

株価急落したのに何で売却しなかったの?

今回の株価下落局面で、私は一切保有銘柄を売却していません。

その結果、年初来リターンは一時マイナスに転落しました。

 

①今回の急落がここまで長引くと予想できていなかった

②保有銘柄の将来性に悲観していない

 

市場環境は悪化していましたが、そんななかで売却したとしても、上手に買戻しができるとは思えませんでした

そして一切売却しないという判断に至りました。

まだ、決算を控えた銘柄も多くいありますので楽観はできませんが、今回の下落に対する悲観はしていません。

 

おかげでサンバイオのストップ高も置いていかれずに済みました

サンバイオ、株式投資、保有銘柄、ポートフォリオ、日本株

私はポートフォリオを組む際に、一瞬の値動きではなく、
その会社の将来性や会社の製品に期待を込めて株式を取得しています。

uni.
uni.
こうして企業の成果に立ち会えるというのは株式投資の醍醐味ですね

サンバイオについて詳しく書き始めると脱線しますので、後日別記事にしたいと思います。

 

それではお待たせしました。

uni.
uni.
uni.の溶け切った資産とポートフォリオをお楽しみください

 

【総資産854万円】前月比▲150万円、株価急落で溶ける評価益

10月末時点の資産構成はこんな感じです。

ポートフォリオ、資産運用、資産公開、運用状況、米国株、国内株、株式投資、インデックス投資家

今回の急落において一番酷かった際の状況は、10月29日時点の8,188,274円でした。

9月30日のピーク時点と比べ▲1,924,612円、▲19.0%となっています。

下落率だけをみると、大学の頃にやっていた投資?投機?の方がひどい場面がありました。

あわせて読みたい
投資信託、損をしない方法
【大学生と投資】投資をしてどうなったの?儲かったの?損したの?最初の投資 ここでは、大学に入り投資を始めてどうなったのかお話させていただきます。 口座を開くまで 私が実際に投資を始めたのは20...

 

ただし、資産額が大きくなった結果、下落率に対する金額が大きくなっていますね

20%の下落でも200万円です。

大学生の頃は、3日で資産が200万円減少したことがあります

今よりも資産規模が小さかったので、下落率で言うと50%近い下落となっています。

ラッコさん
ラッコさん
よく退場しなかったね・・・

 

ちなみに11月3日時点では883万円になっています。

 

【株式時価評価額】追加投資前より減少していて辛い…

時価評価額が軒並み縮小しました。

ポートフォリオ、資産運用、資産公開、運用状況、米国株、国内株、株式投資、インデックス投資家
uni.
uni.
追加投資前よりも資産価値が減少していて辛い…

 

結果論ですが、もう少し待ってから追加投資した方がよかったですね。

当時の私にとって最適な判断をしたつもりですので後悔はありませんし、追加投資分も時期に仕事をしてくれるようになると思いますので、じっくり構えていきます。

 

ラッコさん
ラッコさん
でも、ほんとは辛いんでしょ?
uni.
uni.
辛い・・・

 

大学時代にデイトレ(短期回転売買)をしていた身からすると、こうした値動きの大きい場面だと、ついつい売買したくなります

また、下落額をみると

uni.
uni.
逆指値(下落したら自動的に売る)入れておけばよかったかな?

とも思いますね。

 

ただし、今の私の実力や生活環境を考えるとデイトレは無謀です。

手に入れられる情報の量、質、スピード、どれも足りません。

そういった現状を踏まえて辿り着いたのが今の投資スタイルですので、反射的に動くのではなく、きちんと考え納得したうえで売買したいと思います。

 

【株式評価損益】現在の業績や今後の成長性は大切ですね

成長銘柄を中心に大きく含み益を減らし、含み損を拡大しています。

ポートフォリオ、資産運用、資産公開、運用状況、米国株、国内株、株式投資、インデックス投資家
uni.
uni.
実は、まだまだ余裕があります

今年に入ってからの含み益がリセットされただけなんですよね。

 

そして、あと2ヶ月で2019年になります。

来年になれば追加投資を行う予定ですし、個人的には株価が上がっても下がっても、どちらでもいいんですよね。

 

ただし、市場全体のことを考えるのであれば、企業の成長に合わせてゆるやかに上昇することが望ましいですね。

つみたてNISAの影響もあり、今年から投資を始めた方がたくさんいらっしゃるので、そういった方々が退場せずに、投資を続けられるような相場環境であってほしいです。

 

今回の急落が、今後の投資スタイルに与える影響

今回の急落を受け、株価の下落時に備えて以下を検討中です。

 

逆指値の使用

上昇局面で一部を利益確定のために売却する

現金保有率を高める(下落時に追加投資するため)

 

逆指値を使えば、情報の入手スピードが足りないことを補うことができるのですが、情報量が足りない場面では、不本意な売却になる可能性もあります。

上昇時の一部利確や、現金保有率を高めることも、資金効率を考えると必ずしもいいとは言い切れません。

 

それぞれの長所、短所を踏まえ、自分の置かれた現状や考え方に合った投資スタイルを求めていきます。

 

まとめ:思惑飛び交う株式市場、どう“判断”するかが大切

当ブログでは、運用の調子が良い時も調子が悪い時も、隠さずに資産公開を行うことを心掛けています。

何故かというと、
投資の魅力を知っていただくだけでなく、投資の怖さや、投資に必要なことを知っていただきたいからです。

 

私は、株式投資のおかげで23歳にして現在の資産規模になっています。

私たち若者が日々の生活を豊かにするため、将来の不安を和らげるうえで投資は非常に有効であると考えています。

私自身は株式投資だけでなく、投資が好きですし、その魅力を伝えたいと思っています。

 

一方で、投資は扱い方を誤ると自分に牙を剥こともあります。

きちんと、自分の考えを持ち、ルールを抑えたうえで投資を行えば、失敗を回避することが可能です。

そのためにも、投資の良い側面と悪い側面、その両方を知ったうえで、自分自身で考え“判断”していただきたいです。

 

投資をしないという“判断”もいいと思います。

 

重要なのは、流されるのではなく、自分自身の考えをもって行動をすることです。

 

私は、つみたてNISAを用いた積立インデックス投資が最もおすすめできる投資手法であると考えています。

一方で、自分自身はつみたてNISAを使っていませんし、株式投資を行っています。

これは、自分自身に最も適した投資手法を考えた結果です。

 

投資に正解はありません。

しかし、だからといって考えなくていいわけではありません。

自分の大切なお金や生活を守り、育てるためにも自分自身で考え判断していきましょう。

その方がきっと後悔せずに済みますよ。

uni.
uni.
きっと楽しいよ!

・株価の下落局面は特に、どう判断するかが重要になる

・自分で判断することで、後悔せずに済み成長できる

・自分に合った投資スタイルを見つけよう

・投資には正解がないからこそ楽しい!

 

世界的なリスクオフの流れはいったん収まりましたが、来週以降下がらないという保証はありません。

サンバイオも含め私のポートフォリオの運用状況は悪化するかもしれませんし、10月の分まで働いてくれるかもしれません。

楽観も悲観もせずに自分自身の現状をきちんと分析し、よりよい投資を追い求めていきます。

そのためには投資だけでなく、日々の生活や仕事を蔑ろにしないことが重要ですね。

どんな結果をむかえることになろうとも、後悔しない判断をしていきたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

またねっ!

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。