投資のヒント

【投資する前に】お金が貯まる習慣を作ろう!【基本は節約】

お金が貯まる仕組み

お金が貯まる仕組みを突き詰めていくと以下のようになります。

 

入ってくるお金(収入)ー出ていくお金(支出)=新たに貯まるお金(貯蓄)

 

つまり貯まっていくお金を増やすならば、

①収入を増やす

②支出を減らす

のどちらかとなります。

 

 

投資をする人にも、投資もしない人にも共通することです。

 

仮に上記の式に“投資”の要素を入れるとしたら、

投資に回している資産×利回り×投資期間+(収入ー支出)

=投資に回している資産×利回り×投資期間+新たな貯蓄

でしょうか?

 

投資をするにはその元手が必要となります。そして“元手を運用した結果”に“新たな貯蓄”の中から“次回からの投資に回す分”を加えたものが次の“投資に回している資産”となります。

生み出される利益は元手の大きさにある程度比例します。ですが、誰もが最初からある程度の額の元手を用意できるわけではありません。

 

私の場合は、大学生の頃に節約生活を送りつつ、バイトのシフトを入れまくった結果ある程度のまとまったお金を用意することができました。代償として、大学生としての時間を切り売りしてバイト漬けの毎日を送ることになりました・・・

この場合、収入を増やしつつ支出を減らすことで貯蓄を増やしたことになります。

 

ところが会社員になると毎月の給料はある程度一定になります。

今すぐ収入を増やすということは、残業代が無制限につく会社を除いて、かなり難しいかと思います。昇進などによって給料が上がるのを待つか、副業など会社の外部に収入源を求める必要があります。(これは、実践できる方が限られますので今回は取り上げません)

 

 

必然的に、

収入ー支出=貯蓄

の場合に、収入を増やさずに貯蓄を増やすためには、支出を減らす必要がでてきます。

 

今回は、支出を減らすことに焦点を当てたいと思います。

支出を減らす方法

支出を減らすためには、何に、いくら使っているのか把握することが大切です。実際に自分がどういった支出をしているのかることで無駄な出費がないか把握したり、より支出を抑えるためにはどうしたらいいのか対策を立てやすくなります。

 

みなさまは、自分が毎月いくら使って生活しているか把握されていますでしょうか?

 

家計簿アプリの活用

「収入を記録したほうが良いのは分かるけど、面倒くさい」

「家計簿はつけたことがあるけど、続かない」

という方も多いでしょう。

 

確かに、私も大学の頃に家計簿をつけようと思ったのですが、どこまで詳細に記録するべきなのかもわかりませんでしたし、毎回毎回、買い物の度に記録するのが億劫で2週間ももちませんでした。

 

今は便利な家計簿アプリがたくさん出ているので、かなり楽になりました。

私は、マネーフォワードを使っていますが予算なども簡単に立てられますし、クレジットカード払いならいちいち金額を入力しなくても勝手に反映されます。しかも、銀行や証券会社の口座も連携させられるので、実際にどれだけの資産を自分が持っているのか把握しやすいです。

 

家計簿アプリ(マネーフォワード)を使い始めるまでは「節約しよう!」「お金を貯めよう!」と思いつつもかなり漠然としていました。実際に使ってみたところ、自分がいつどういったものにお金を使っているのか、各支出(家賃・食費・交際費・・・)がどのような割合になっているのか一目で確認することができるようになり、目に見えて支出が減りました。

 

節約したつもりになっていても、意識していない出費って結構ありますよ?

意識することで初めて、本当に必要な出費なのかどうか考えることができます。

もちろん、その分必要なところに回せる余力(お金)も生まれます。

 

(マネーフォワードについては、使い方も含め専用の記事を後日作成します)

 

 

無理な節約は逆効果

資産形成をするうえで貯蓄は非常に重要です。

資産形成は、将来を見据えて長い期間をかけて行うことで効果をが出てきます。

その際、無理な節約を行った場合、いつか無理が来てしまいます。

余分な支出や無駄は削りつつも、必要なところにはしっかりとお金を使うことも重要です。

 

例えば、趣味や交際費(人間関係の構築)、自己啓発(資格取得や将来の自分への投資)

これらは、ある程度お金がかかります。しかも、なかにはお金がたまった後に行ったのでは間に合わないものも存在します。

 

お金は何のために貯めますか?

お金を貯めることが目的ではないはずです。

お金を貯めることでよりよい生活や幸せを実現することを夢見て資産形成をするのではないでしょうか?

 

極論を言ってしまえば、お金は使ってこそ価値を発揮するのです。

使った際に最も幸福度が高くなるタイミングで、必要な量を必要なだけ使えるように準備することが重要です。

使うときにはしっかり使い、貯めるときにはしっかり貯めることで、より用生活の実現を目指しましょう!

こちらもどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。